Hi! from Shiga

mikas.exblog.jp
ブログトップ

信楽陶器祭、楽しかったです!

3日間の陶器祭が終わりました~
お手伝いさせて頂いた「草土ギャラリー」ブースも、たっくさんの方にお立ち寄りいただき、
お買い上げいただきました。ありがとうございました!

「Mikaさんですか?ブログ見てます~」
なんて声を掛けて頂き、どっきどきの初対面を果たした方々。
ありがとうございます。私は幸せモンですぅ。

お隣のお洒落なMichikoさんに初日と最終日を、新潟から遊びに来てくれた
HOUSTON時代のお友達Miyukiさんに、中日を一緒にやってもらいました。
そして、オットも、3日間、たくさん助けてくれました。
接客業初めての彼。「ありがとうございました」が、ものすごーく不慣れな感じがして
おかしかったっ。
そして、Michikoさんのご主人も!邪魔にならないようにお店の端っこで、紙を用意したり、
在庫をチェックしてくれたり。涙ぐましかったなぁ~
感謝感謝!

子ども達も協力してくれました^^
3日間、放し飼い状態でしたが、ひたすら元気に遊び続けてくれました。
ダンボールでソリしたり、池の周りで昆虫採集したり。
芝生の上をよほど滑って転がって遊んでいたんでしょうね。
ズボンのお尻に大きな穴が二つ・・・足には擦り傷がいっぱい。。
そして、今朝は黒光りした顔で起きてきましたよ。

さて、全国各地で陶器祭はあるんでしょうが、信楽は、「陶芸の森」という素晴らしい
ロケーションに、作家さんが集えるので、楽しさはピカイチだと思ってます。
d0125208_13311872.jpg

d0125208_13314597.jpg

たくさんの方々が、芝生の上に腰を下ろして、楽しげに休憩されている姿は、とてもほのぼの。

Mika’s Selectionでお馴染みの作家さんたちのブースも、とっても忙しかったようです。
今年もディスプレイコンテストが行われ、3位だった藤本さん、
d0125208_140773.jpg

2位だった竹口さん
d0125208_1403312.jpg

奥田さんは、産業会館内での新作発表で、どっかの新聞社賞を受賞されてました。
エコを意識した、蓋付きドンブリでした。ラップなしでチンできるという優れもの。
d0125208_1422377.jpg

ちなみに、草土の福田さんの作品は優秀賞でしたよ。すっごくしぶ~い和モダンな
テーブルセッティングの提案でした。
d0125208_143489.jpg

福田さんが見つけた新潟の工房で作ってもらっているステンレスのカトラリー、
お箸各種、好評でしたね~。おかげでめっちゃ忙しかったです。。
「めっちゃ安いやん!」
と言われると、嬉しくて、
「でしょ!」
と、すかさず合いの手を入れてました。

陶器市で、スプーンやお箸、ランチョンマットなどを見つけるのもお得ですよ。
作家さんつながりで、直々に取引されている場合が多いでしょうし、センスも光って、
いいものがありますよ~。

・・・ところで、最終日夕方・・・
ブタを握り締めてキョロキョロしている竹口要さん発見。
「どーしたんですか?ブタを持って」
と声をかけると、
「これからブツブツ交換をしようと思って」
と。
数分後、竹口さんのブタは、大鉢とフリーカップに代わってました。
ご本人、ご満悦^^

なにはともあれ、無事に終了してよかった~
福田さんにも接客態度、ディスプレイ、誉めてもらえてホッ。
昨夜は焼肉と生ビールで打ち上げでした。
すっごく勉強になった陶器祭でした。先生、ありがと~!

d0125208_1414818.jpg

みなさま、次はゴールデンウィークで~す!
[PR]
# by mikasselection | 2007-10-09 14:21 | 荒木義隆 | Comments(2)

へたばりました~~

信楽陶器祭の準備に、走り回っていましたが、なんとか目処が立ちました。
明日、福田さんに搬入を手伝ってもらい、テントの中に各種棚を組み立て、
器を並べる準備をしますー。なんだか、ドキドキだなぁー

でも、この数日間、普段よりう~~~~んとたくさんの器に囲まれていたのは、
とてもシアワセなことでした。
これがあったら、あれをあんなふうに盛ってみたいな、、とか、想像力が養われたような。

・・・しかしっ、陶房での作業は、めちゃめちゃお腹が空きました。

12時になると、「昼にしよかぁー」と、福田さんの一声。
お弟子さんと一緒に、私もお茶を淹れて頂き、一緒に手持ちのお弁当を食べました。
で、これが、私にはものすごく懐かしいもので、名古屋でのOL時代、学生時代のバイト生活日々が甦ってきました。

だって、だって、ヒューストンの職場では、こういうみんなで一緒に食べようよ、という雰囲気が
無かったのですから。
外へ食べに行くときは、誰かを誘ったりもするのですが、オフィス内のランチルームで
食べるときは、一人一つの机を占領して、もくもくと自分の時間を過ごすのです。
よくおしゃべりする同僚がいても、離れた席からしゃべりかけるくらいで、
雑誌を読んだり、宿題したり、手芸したり。

最初は、なんだか、寂しい感じがしたものです。
でも、ま、慣れるとその方が快適だったんだけど。

それはともかく、そんなこんなで、陶器祭の準備ができました。
「ギャラリー草土」のテントですよ。見に来てくださいね~
渋い器、使いやすい器、草花にぴったりの花器等も勿論いいのですが、
こんな小物類も楽しいですよ。陶器によく合うテイストの小物たち。
d0125208_15112133.jpg

タイやバリに出かけるのが大好きな福田さん。現地でせっせと仕入れていらっしゃいます。
直接タイから届いているモノモノなので、お安いの。値段を聞いて、ニッコリ。私もほし~い^^
d0125208_15115935.jpg

こんな楽しい花器も。タイから届いた小物に合わせて展示の予定です~

少しだけ頂いてきた岡崎さんの器は、私がすでに楽しんでいます~
d0125208_1514923.jpg


お天気も良さそう?!おいでくださいまし~
[PR]
# by mikasselection | 2007-10-04 15:09 | 荒木義隆 | Comments(7)

信楽陶器まつりのついでに

陶器祭の期間は、県外からもたくさんの方がいらっしゃることと思います。
ついでに寄ってもらえるような、ちょっとした見所??紹介です~

まずは、「忍者屋敷」。
由緒正しき、本物の忍者のお家です。
d0125208_1324213.jpg

d0125208_133172.jpg

d0125208_1331291.jpg

当時の建物をそのまま残して、展示しています。
忍者って、すごいんですよ。ランボーよりすごいんじゃないでしょうか。
戦士とうより、スパイかな。建物内のいろんな説明、是非読んでくださいね。
そして、ハリソン フォードの写真も忘れずに拝んでくださいまし。
なんでも、京都からタクシーで、息子さんを連れてやって来られたそう。息子が忍者ファンだそうな。

お天気がよければ、あたりをぶらりと歩いて、こんな酒蔵カフェに立ち寄るのもいいのでは?
私が行くときは、いつも必ず閉館中ですが、きっと、休日は開いていることでしょう。
利き酒、お茶、軽食ができる、、、はず。
d0125208_1383581.jpg

周りは、普通の住居地なのですが、なんとも良い風景ですよ。
d0125208_13104311.jpg
d0125208_13105423.jpg
d0125208_1311322.jpg


その辺りから、少し車で行くと、私の大好きな「成田牧場」です。
d0125208_13151897.jpg
d0125208_1315304.jpg

広々した原っぱの草を引きちぎって、ヤギや羊、ポニーに。
牛舎の奥にはウサギもいますよ。

そして、ジェラート、美味しいですよぉ~。
d0125208_13133774.jpg

自然な甘さなので、「ダブル」を食べても、「まだまだいける!」という物足りなさがあるくらい。
>ちなみに、同感してくれる友達はあまりいません。多くの人は、シングルで十分すぎる量、だと。。。
最近、持ち帰り用の牛乳が気軽に買えなくなりましたが、そこでは、美味しい牛乳が飲めますよ。

この辺りいったいを、「ロハスな里山散策」というそうです^^
d0125208_13111288.jpg


さぁ、今週末は、信楽陶器まつりへ~!
[PR]
# by mikasselection | 2007-10-02 13:24 | 富田正・正祥窯 | Comments(0)

信楽情報~食事処

さてさて、信楽陶器まつりに向けて、信楽情報です~

私は、信楽の山を下りたところに住んでおりますので、それほど信楽ツウではないんですーー
で、作家さんたちに、
「信楽で美味しいお店は?」
と聞くと、一番に上がるのは、MIHO Museum内のレストランです。

MIHOは、現代の桃源郷とも言われるところで、かなり山奥なのですが、
I.M.ペイというルーブルを手がけたという建築家による、素晴らしい建物の美術館です。
d0125208_1537119.jpg

d0125208_15372734.jpg

d0125208_15374631.jpg

(すごい資金力を感じる美術館で、「バックは新興宗教か?」と思ったら、ビンゴでした。)
レストランは、自家栽培の野菜を使ったお料理で、すこぶる評判良しですよ。
陶器祭会場から、自転車でいけるような距離ではありませんが、バスが運行しています。

比較的新しいお蕎麦屋さん、「夢創庵」もよく名前が挙がります。
d0125208_15423930.jpg

d0125208_15452143.jpg

先日、行ってみましたが、なかなか美味しいお蕎麦でした。
307号線上の小さなお店なので、祭最中は混むかな~~
お持ち帰りもできる「蕎麦プリン」、おいしかった~

駅前には、「マツタケ料理」ののぼりが上がっていますよ。
d0125208_18483826.jpg

あと、魚仙
旅館のように広くて、器と料理の競演。こちらは、駅から少しありますが、図書館の近くです。

信楽は観光客も多いし、ゴルフにやってこられる方も多いので、
お料理屋さんのレベルは決して低くない!と思う私です~

お気に入りのお店、見つけてくださいね。
[PR]
# by mikasselection | 2007-09-30 15:58 | 荒木義隆 | Comments(6)

今日の楽しかったこと!

今日は、甲賀市国際交流協会の事務局長、よしこさんに誘われて、
ランチョンへお出掛けしました~
d0125208_1444139.jpg

協会の事務所が入っているビルの一階広場でのランチだったんですが、
こんなご馳走だったの~

よしこさんは、あちこちで活躍されている元気な方です。
街の夏祭り、、、えらく元気なクノイチが司会をしている、、と思ったら、よしこさん!
よしこさんのブログを覗けば、チマチョゴリ姿だったり、役者だったり。
こないだは、新聞にもニッコリ笑顔でインタビューが載ってました。

そんなよしこさん、今日披露してくれたのは、中華料理の腕。
d0125208_1448165.jpg

ビル内の小さなキッチンで、すごい鍋さばきなんです。
聞けば、ご実家が昔中華料理店を営んでいて、お父様亡き後、しばらくは
よしこさんも厨房に入っていたとのこと。
おかげで、ふっかふかトロロンのかに玉、ジュワーといいお味の広がる肉団子などが
どんどんできあがる!すごいんだから!

食べ物も十二分に満足だった私ですが、おしゃべりも存分に楽しんできました。
協会にゆかりのある方々がいらっしゃったのですが、
d0125208_14523227.jpg

手前の貫禄あるお姿の方は、Gary Molerさん!
滋賀に引っ越してすぐ、「ツルベのなんたら」、という番組で拝見したのです。
甲賀に住む、陶芸家です。

いっぱいお話できました~
今度、陶房においで、と言ってくれたので、
「How can I reach you?」とダメ押ししたら、Mapを書いてくれました。
奥様と、馬一頭と暮らす手作りのお家兼陶房。行きますとも、行きますとも!

また、台湾人リエさんの人助け奮闘記。楽しくも感動しながら聞かせてもらいました。
台湾人の方って、口は悪いけど、ものすごく面倒見が良い、という私の印象。
リエさんも、ほんとにそんな方でした。またお会いできますように~
[PR]
# by mikasselection | 2007-09-28 15:13 | 鈴木史恵 | Comments(4)