Hi! from Shiga

mikas.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

器、ご紹介

d0125208_10553240.jpg

あれよ、あれよと言う間に夏休みが終わりますね~~
夏休み最後の二人ランチは、ひき肉をトマトジュースで軽く煮込んで。
d0125208_10571081.jpg

部活前にガッツリと。
器は、久保雅裕さんの楕円皿スプーンは、ミャンマーから届いたもの。メイン料理(??)に使う場合は、Lサイズを選びます。
カレーのときも勿論☆
d0125208_1102737.jpg

荒木義隆さんの灰緑釉の7寸皿。付け合わせを盛るのに活躍しているのは、福田英明さんの木の葉皿Sサイズ

さて、器の方は、ちょっとだけですが、新しいものが入ってます♪
d0125208_11263522.jpg

岡崎勉さんの陶房からは、粉引きの土瓶。ほうじ茶が美味しく淹れられそうです。
蔦部分は、付け直しが可能です。でも、大変なんですって^^ だから、食洗機や食器乾燥機は使わないで欲しいと言うことです☆

それから、奥田章さんからは、刷毛目の幅広角皿
d0125208_11293544.jpg

これは、毎日の食卓で、ヘビロテ間違いないだろうな!と思います。
レンゲスプーンも少し前に焼き上がってきているので、合わせて使って頂けますよ♪

今週は涼しい日が続きましたね~。奥田章さんの陶房もちょっとラクそうでしたよ。
ロクロ作業、、、見ていて飽きないものです。
d0125208_11434235.jpg
d0125208_11435163.jpg
d0125208_11435899.jpg


ではでは、美味しい秋がやってくる前に、美味しい器、
どうぞ^^
Mika's Selection
[PR]
by mikasselection | 2014-08-30 11:44 | 奥田章 | Comments(0)

Paris宿泊は、アパルトマン

今回、オペラ座付近のアパートの一室を借りました。
空港からタクシーで連れてきてもらった場所は、、
d0125208_23272379.jpg

・・外観も、ドアも、、、何やら古ぼけてるじゃない?!
ちょっとショックだったのですが、暗証番号を押して、この緑色の扉を開けると、中庭があり、静かで落ち着いた雰囲気でした。
d0125208_23241035.jpg

部屋の中も、、
d0125208_23282324.jpg
d0125208_23283137.jpg
d0125208_23285626.jpg

リビングにベッドルームにバス。ダブルサイズのベッドに私と娘。旦那さんは、リビングのソファーベッドで。
十分な広さだし、キッチンには必要なものは揃っていたので、OK♪
d0125208_23332687.jpg
d0125208_2333332.jpg

デリでテイクアウトして夕飯。

立地も良くて、アパート近くには、マルシェが広がっていたので、
d0125208_23345899.jpg
d0125208_23343481.jpg
d0125208_23345875.jpg
d0125208_23361418.jpg

朝ご飯は、テイクアウトして部屋で食べたり、お出かけ前にカフェで食べたり。
d0125208_23381019.jpg

d0125208_23381764.jpg

クロワッサン、カフェラテ・・・もーーめちゃめちゃ美味しい♪
d0125208_23403510.jpg
d0125208_23404464.jpg


でもでもでも、、
フランス語ができたら、もっと美味しいものが食べられたと思う!!
フランス語のメニュー。。。英語で説明してもらったり、辞書を片手に解読したりしたけど、、、
他のお客さんのお皿のほうが美味しそうに見えたことも☆

美味しかったもの。
d0125208_2344224.jpg
d0125208_2345171.jpg
d0125208_2345980.jpg
d0125208_23451867.jpg
d0125208_23453171.jpg

軽食やデザート、前菜はとびきり美味しかったです!
でも、メインが、難しかった!

旅行記おしまい♪
明日は新しい器、ご紹介しますね!
[PR]
by mikasselection | 2014-08-27 23:51 | お出掛け | Comments(0)

Paris旅行記・ベルサイユ宮殿

d0125208_14305748.jpg

大き過ぎて建物の全容が写りゃしない、ベルサイユ宮殿。
こちらも、ガイドさん付きで回った方が楽しめるだろうと思い、JCB窓口でピックアップした半日ツアーで行ってきました。朝8時初、お昼ごろ解散というものです。
パリ市街から30分足らずで到着。
が、見て!この人だかり!入場待ちの人の列です。
d0125208_14324090.jpg

朝一番からのこの列!これは、個人で来ている人たちの列です。
団体客は、別の入口があり、私たちは、そこで10分程待っただけで入れました。
これが、このツアーの「売り」でして、、、私たちも予想以上の列を目の当たりにし、「これは、ツアーで来て正解だった」と思った次第。
中に入れば、これまた、豪華絢爛。
d0125208_14483285.jpg
d0125208_14484011.jpg

ガイドさんは、縁あってモン・サン・ミッシェルのときと同じ方。
「今日も一切手抜きなしで、しっかり正しい知識をお話しします!」
ということで、ルイ14世にまつわるお話、建築様式、装飾品、絵画の逸話などなどなどなど。
私、恥ずかしながら世界史を勉強していないので、しらないことばっかりだったんですけど、、
d0125208_14514882.jpg

ルイ14世。なかなか素晴らしい。
頭良くて肉体派でもあり、そして、踊りも上手で、ダンスフロアではクルクル回ってたらしいし、ビリヤードを考案したのも彼らしいし、スイスに時計産業が発達したのも元々はルイ14世が時計職人を優遇したからだとか、、♡
d0125208_14545488.jpg

d0125208_14553037.jpg

ベッドから見えるのは、この真っ直ぐ西に延びた運河。夏至の頃は運河の先に太陽が沈むのだそう。
d0125208_1459967.jpg

庭園の方も是非廻りたかったのですが、自由時間は30分ちょっとしかなくなっちゃって、
「庭園は迷子になったら1時間あっても戻って来れませんよ!」
なんて、言われちゃったので、断念☆
また行かなくては!
[PR]
by mikasselection | 2014-08-25 14:59 | お出掛け | Comments(0)

Paris旅行記 モン・サン・ミッシェル

d0125208_0113923.jpg

パリからはちょっと時間がかかるけど、どうしても行きたかった、モン・サン・ミッシェル♪
自分たちだけで行くより、ガイドさんが居た方がいいだろうな~と思い、パリに到着後、JCBオフィスに出掛け、ツアーをピックアップしました。
朝、8時出発の日帰りバスツアーです。
ガイドさんは、フランスの文化財保護&広報役に情熱を注いでいるような方で、一日たっぷり講義を受けて来た気分です^^
バスは市街地を抜け、高速道路を高速でびゅんびゅん走ること4時間ちょっと。
d0125208_0184673.jpg

d0125208_0193693.jpg

高速道路を下り、のどか~な風景を抜け、道路脇のプチホテルや古いお家が可愛い地域に入ると、目的地。

まずは、モン・サン・ミッシェルを囲む海の手前で、名物料理を堪能。リンゴの産地と言うことで、アップルジュースとシードル。
d0125208_0275129.jpg

そして、名物のオムレツ。巡礼者の身体を癒すために村の方が卵をとにかくカシャカシャと泡だてて作っていたと言うもの。
d0125208_029418.jpg

d0125208_0294936.jpg

昔のままの作り方で、当時のままの味らしいです。ふっわふわなんですが、、、無味です^^;
これが前菜で、メインに魚料理があって、そして、デザートは、アップルパイ。
d0125208_0323643.jpg

リンゴだらけのパイでとても美味しかった♪

そして、シャトルバスに乗って海にかかっている橋を渡り、いざ、聖地へ。
d0125208_0452169.jpg

上から見ると、こんな感じ!
d0125208_0345317.jpg

近づくと迫力の大きさ。
門をくぐると、、、
d0125208_0355313.jpg

参道はすごい人!なんせ、このシーズン、、、ヨーロッパ中バケーション。さすが、世界遺産;
ガイドさんが、「今日のメンバーなら行ける!」と、、
d0125208_0384497.jpg

ちょっと近道^^
d0125208_038177.jpg

古い建物です。建て始めたのは、708年!
d0125208_046091.jpg
d0125208_046894.jpg

その後何世紀にもわたって建設工事が続いたようですが、未だ現役なんですから、すごい。

修道院、そして、周りに広がった村をとり囲む海は、干満の差が15メートルもあると言われる海で、水が引いているときも、ガイドなしに歩くのは危険だそうです。
d0125208_124077.jpg

流砂と言って、足を取られると抜けだせなくなるところがあるそうで、自殺しに来る人まで後を絶たないそうです。

というわけで、長くなりましたが、遠くても行って良かったモン・サン・ミッシェルでした☆
[PR]
by mikasselection | 2014-08-24 01:04 | お出掛け | Comments(0)

旅行記・パリ・市街地名所めぐり

ご無沙汰しておりました!一昨日から、Back to work!一週間のお休みは、初めてのParis♪
ちょっと旅行記を。
まずは、名所巡り。
d0125208_21331475.jpg

エッフェル塔に
d0125208_2133222.jpg

凱旋門。凱旋門は、、
d0125208_21353193.jpg

こんな階段を登って行くと、眼下にパリの街がバーンと!
d0125208_21363868.jpg
d0125208_21374037.jpg

そして、思った以上に大きかったオペラ座。
d0125208_21442376.jpg

中は豪華絢爛。
d0125208_2239083.jpg

d0125208_21473468.jpg

舞台の上には7tのシャンデリアとシャガールの天井画!
そして、芸術を言えば、美術館。こちらがオルセー
d0125208_21582323.jpg

こちらがルーブル。
d0125208_21584953.jpg

どちらも、ひろいっ。ひろいったら、ありゃしない。
d0125208_21591413.jpg

d0125208_21593343.jpg

そして、名画てんこもり。私は、オルセーの方が感動がいっぱいでした。
も~~ミレーの農民シリーズや、シスレー、モネ、ゴッホ、ルノワール!!ため息が出る作品が、
ず、ず、ず、ず、ずらーーーーーっと!

ルーブルのモナリザ、オルセーのゴッホのコレクションの前などは、すっごい人でしたが、その他の場所は人が分散しているのか、空いていて、海外の美術館ならではの、こんな光景も。
d0125208_22101418.jpg

(オルセーは写真撮影禁止でしたが、ルーブルはOK。)
美術館は貧血になる、、と敬遠する娘ちゃんでしたが、さすがに、楽しんでいたご様子で、何より。

それから、こちらは、ノートルダム大聖堂。
d0125208_22184353.jpg

d0125208_22185750.jpg

そこから歩いて5分程の所にあるサントシャペル。
d0125208_22205630.jpg

ステンドグラスが圧巻です。
d0125208_22204783.jpg

d0125208_22205173.jpg


どれもこれも、ほーーんとに大きい!
そして、どこもかしこも、美しい~!
d0125208_22241632.jpg

d0125208_22233747.jpg

日本で言う、「秋晴れ」という清々しい気候で、そして、日の入りは9時頃。こんなかんじだから、一日中、お散歩が楽しくて、テクテクテクテク、いっぱい歩きました^^
d0125208_2225016.jpg
d0125208_2225652.jpg

つづく・・・
[PR]
by mikasselection | 2014-08-21 22:32 | お出掛け | Comments(0)

夏休みのお昼ご飯☆

d0125208_2128944.jpg

相当少しのうなぎの残りをひつまぶし風に。
鶏肉とカボチャの煮物は、荒木義隆さんの安南の器に。
d0125208_21294929.jpg

ニンジンとジャコのチャーハンとお味噌汁。
d0125208_21311417.jpg

ササミの紫蘇チーズ挟み焼き。奥田章さんの刷毛目6寸皿。黄色いスープは、プランター栽培のプチトマトで。
d0125208_21332894.jpg

濃紺の蕎麦猪口は、山本泰三さんの作品です。艶やかで深い藍色が素敵ですよ。

簡単ご飯のオンパレードですけどぉ~~
それでも、一日3食、子どもがエネルギー切れしないように食べさせなきゃ!って、、
このプレッシャー、なかなかですよね?!
残り20日!がんばりましょうね!!

夏休みのお昼ご飯と言えば、思い出すのが、小学生のある日のこと。
母は、パート先からお昼に帰ってきてくれてご飯を用意してくれていたんですが、ある日、妹の同級生の男の子を連れて来たんです。
母は、
「お昼になっても一人で公園に居るから。お昼ご飯食べてないっていいうし。一緒に食べようって連れてきた!△△小学校だっていうし、恵美と同い年なんでしょ?!」
って。
男の子は、すっごくはしゃいでて。
でも、その子は、、、なんていうか、、、いつも清潔感の無いやんちゃな子だったので、私と妹は
「なんで?!なんで、○○と一緒にご飯食べなあかんのー!」
とかって、ぶーぶー。

今となっては、自分のことを、「なんて、意地悪な心の狭い子どもだったんだ・・」って思うし、あの男の子は、あのとき、すごく嬉しかったんだなぁ、、って思うし、、、
なんて言うか、胸がキュンと痛くなる想い出です。

・・・けど、今、私が母と同じことができるかって言うと、、
気持ちはあっても、逆に不審者だと思われるだろうし、ヘンなもの食べさせた!って怒られるかもしれないし。
ちょっとさびしいですね。
昭和の夏休みは、母のような、サザエさんのようなお母さんがいっぱいいたような気がします^^

さて!明日からお休み頂きます。
18日からまた再始動しますから、また、よろしくお願いいたします!

[PR]
by mikasselection | 2014-08-11 21:50 | うちのご飯 | Comments(0)

信楽の器たち

d0125208_16425795.jpg

富田正さんの銀化リム皿刷毛目浅鉢で夕飯。
魚屋さんの「低カロリー高タンパク!」のPOPを付けた鯛の切り身。うん。この宣伝はうまい。迷わず買物カゴへ☆
夕方が近づくにつれ、娘ちゃんからいつもの質問。
「今日のご飯、なに?」
「鯛の煮付け」
「ふぅ~ん」
「好きなくせに!」
「ううん。肉がいい!」
「魚って聞くと、がっかりするけど、食べるとぜったい、美味しいって言うくせに!」
「そんなことないもん。ぜったい、美味しいって言わん!」
「ぜったい言うはず!」

で、ご飯タイム。
じぃ~と横から顔を見てたら、やっぱり^^ 
一口食べて、ちゃんと「おいしいっ」って顔した娘ちゃんでした☆

d0125208_16562072.jpg

昨日のお昼ご飯♪ 日曜日の手巻き寿司の残りでイクラ丼。二人分には少なかったのですが、昨日は運よく一人ランチだったので、遠慮なく^^
古谷浩一さんの粉引き小どんぶりです。

我が家で使われる器たちは、こんな感じなんですけど、、、、
ここから旅立って行った器ちゃんたちは、シアワセものですよ~~
d0125208_1754780.jpg

お餅菓子屋さん「あかね軒」さん。艶やかでもっちりした羊羹の美味しそうなこと♪

そして、こちらは、素敵なご自宅カフェ!!
器ちゃん、別人の顔です。Ema Cafe
こちらのAkkoさま邸でも、ちょくちょく顔をみせてくれてます、信楽の器♪

お気に入りの器が入ると、キッチン仕事も、食べることも、うんと楽しくなります◎
熱い暑い夏こそ、器に頼ってみるのも良いですよ。

ところで、Mika's Selectionをご利用くださるお客さまは、皆さん優しくて。。。
「アップされたばかりの器、たくさん注文しちゃってすみません!」
「なんだか、独り占めしたみたいで申し訳ないのですが、数が揃っていたので、、」
「いろいろ注文してしまって、申し訳ありません」
などなど、、、
心配してくださるの^^

店主と言っても、基本、財布を持って仕入れに出掛けている身なので、どうしても、「ドドーン!」という量を仕入れてこれません。
少しずつ生まれてくる器なので、勿論、陶房のほうにもドドーンと在庫があるわけじゃないですしね。
ほんとに、少しずつ、ゆっくりというペースでの運営なんですけど、
でも、
いっぱいご注文頂いても大丈夫ですから!^^ な~んて^^
どうぞ、よろしくお願いいたします☆

夏季休暇のお知らせ
8月12日~18日までお休みを頂きます。
発送業務、メールでのお返事は、19日に再開いたします。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]
by mikasselection | 2014-08-06 17:21 | うちのご飯 | Comments(2)

奥田章さんの器、入りました~

d0125208_1847536.jpg

奥田章さんの器が届きました♪ 7寸プレート皿(粉引き)と、薬味豆皿の黒と白。
プレート皿、今までのものが少し変身しました◎
色違いは、茶色のプレート皿。こちらは、7寸と5寸があります。
ニューバージョンは、ひとまず7寸だけでき上がって参りました~
d0125208_1848773.jpg

小さな豆皿は、きちんと整った形と、サインペンで引いたように、微妙に滲んでいるような、ゆるゆるしたラインが魅力的です◎
合わせた器は、岡崎勉さんの高台皿。透明感のある磁器の器なんだけど、どこか、やわらかい。
奥田章さん、岡崎勉さん、、まったく個性の違う作家さんの作品ですが、並べてみたら、ぴったりでした^^
d0125208_18483755.jpg

7寸プレートで早速夕飯♪
リムの黒が良いアクセントになります! 使ってみたら、思っていた以上に楽しかった^^

その他、奥田章さんの器たち、いろいろ再入荷してますので、ご覧くださいね。
久しぶりに、蓮華スプーンもでき上がってきましたよ◎

さて、こちら。
d0125208_196443.jpg

ほうじ茶、緑茶、和紅茶。
一昨日の日本語ボランティア教室に、これを持って行きました。
私の生徒、スコットランド人の男の子にこれを飲んでもらい、味を表現してもらおう、と。
同時に、英語での表現も聞きたくてね^^

神妙な顔つきで味見したクリスくん。
感想は・・・
「おちゃ。」
☆☆☆
「どんな味?って聞かれたら、どう答える?」
「・・・・おちゃ。」
「なんか無いの?!」
「んーーーーこれは、ストロング。これは、ノットストロング。これは、、ムギチャの味」

挙句の果ては、
「スコットランドは食文化が育ってない。味を表現する言葉はない」
「日本で、“おいしい、おいしい”って言葉を毎日聞くけど、スコットランドで、“デリーシャス”なんて言葉、まず、言わない。“グッド”は言うけど、日本人が“おいしぃ!!”って言う時みたいに、テンション高く言わない」
んだそうだ^^
もーー、大爆笑。
[PR]
by mikasselection | 2014-08-01 19:20 | 奥田章 | Comments(1)