Hi! from Shiga

mikas.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

うつわと料理

本日も晴天なり、、
暑いですねー。毎日、ニュースで熱中症で搬送された人の数を見るたび、びっくりします。
夏は暑いもんだ!と言って、ひたすら気合いで乗り越えていた私の子ども時代とは違いますね。
過信せず、気をつけて過ごさないといけませんね。
d0125208_16412998.jpg

土用丑の日のウナギ。
高くてびっくり☆ だから、こんなミミチイ感じになりました;

こちらは、少し前に再入荷した奥田章さんの「ひび割れ角鉢」。
使いやすくてお気に入りです☆ (SHOPはこちらMika's Selection
d0125208_16471573.jpg

アボガドとササミと豆腐の一品。冷たく冷やして。

こちらも奥田章さんの作品。「刷毛目蕎麦猪口」。
こちらも、再入荷しておりますよ~。
d0125208_1649524.jpg

トマトビーンズ。余熱料理が得意な肉厚お鍋で省エネしながらお料理です。

今日のお昼は、
d0125208_16524157.jpg

ちらし寿司。
(アナゴはお安い。蒲焼もサンマになると、もっとお安い!)

ところで、オリンピック!
BSが入らないので、人気競技しか観れなくて、すこぶる残念ですーー><
ロンドンに居る友だちが、選手たちの間近でボランティア活動中。大変なこともあるでしょうが、なんだか、エンジョイしているようで、超うらやましい☆
[PR]
by mikasselection | 2012-07-30 16:59 | 奥田章 | Comments(0)

信楽火祭り!

d0125208_16565382.jpg

信楽火祭り!
ボーボー燃える松明を担いで山頂にある陶器神社に火への感謝と安全を祈願するという、
陶器の町ならではの歴史あるお祭。
多少、苦行のような辛さも感じますが、その分、達成感はあるし、歴史感じるお祭りに参加できるというのは嬉しいし、何より、信楽の人々の優しさを感じる素晴らしいお祭りです。
d0125208_1775980.jpg

(ごめんなさい・・。火祭りの写真は去年のものですーーー)

去年に続いて、今年も、ギャラリー草土の福田英明さんに誘われて、家族で参加させてもらいました。
今年も辛かったけど、充実感♪ ありがとうございました!

そして、そして、この日はお昼から、ギャラリー横で大パーティ。
d0125208_17105677.jpg

猛暑の中でしたが、テントのおかげで、涼しく、、、
d0125208_1711130.jpg

ペルー人パパが焼き続けてくれたお肉は、めちゃめちゃ美味しかったし、、、
d0125208_1712464.jpg

スイカ割りや、
d0125208_1713531.jpg

ハンモックや
d0125208_17132058.jpg

あちらこちらの蚊取り線香。
福田先生の、至れり尽くせりのおもてなし。
今年も「初めまして!」の方がいっぱいだったけど、それがまた楽しくて、たっぷり食べて、
たっぷり遊ばせて頂きました☆ ありがとうございました!!


そうそう。ペルー風味のBBQ。マリネに使っていたのは、このスパイスミックスだそうです。
d0125208_17172312.jpg

独特の香りが食欲を刺激してくれます。made in Japan^^
ブラジル系のお店で買えるみたい。
マリネしてあるお肉に、更に、スパイスがいい具合に調合されたソース3種類をそれぞれたっぷり付けてたべたのですが、どれも、ちょっとピリリとする辛みが、最高においしかった!
唐辛子ペイストを調達しないといけない出せない味のようですが、タバスコやコチュジャンでなんとか作ってみようと思ってます☆
[PR]
by mikasselection | 2012-07-29 17:27 | お出掛け | Comments(0)

夏休みご飯。 oishii

昨日は、夕方5時に大阪城ホール横のビルの26階レストランで旦那さんと待ち合わせて
都会の景色を楽しみながら食事をした後、「絢香ライブ」に出かけました~
最新アルバム「The begining」、すごく好きなので、大変、よかったです♪ 
ちっちゃい身体なのに、すごい声。いやいや、とっても感動したライブでした。

暑いし、なんだか、ペースも崩れる夏休みですが、
やっぱり、楽しいことも多くて良いです◎

夏休みのご飯日記。
朝ご飯☆
d0125208_1449280.jpg

d0125208_14491642.jpg


お昼ご飯☆
d0125208_14354674.jpg

d0125208_14361168.jpg

d0125208_14363664.jpg

・・ソーメン、パスタ、前日の残り・・。
茶碗蒸しは、2日目の方がよーく冷えてて美味しかった!具は、はんぺんのみで、ホタテと人参、いんげんの餡かけ。手軽にできて、つるるんと食べられて美味しい☆

さてさて、6年生の夏休みは宿題たっぷりのご様子。
娘ちゃんが、ぶーぶー言いながらやっているので、私も一緒にテーブルについてお茶のテキストを開いてました。
「ママが止めるまで、うちもがんばろ」
なんて言うので、いやいやながらも午前中がんばりました^^;

勉強は、、、、
必要だけど、、、、
わかっちゃいるけど、、
はかどらなーい!
・・・子どもと同じ心境です☆
[PR]
by mikasselection | 2012-07-25 14:57 | うちのご飯 | Comments(2)

お出掛け・京都バル・フェスタ in 四条烏丸

風が涼しかった昨日、四条烏丸近辺で、7月21日~23日の間行われていた「第2回 京都バル・フェスタ」に出かけてきました。四条烏丸近辺の45のお店が参加しているもので、こちらが公式サイトです。

この辺り、お店がいっぱいありすぎて、かえってお店を全然知らないままの私たち。
800円のチケット一枚で、「バル・メニュー」を楽しみながら、お店を転々とできるなんて楽しそう♪ 
ということで、まずは、軽いランチにGO!
d0125208_23152733.jpg

「Quatro 烏丸店」です。
バル・メニューは、タコのマリネ。
d0125208_23163765.jpg

旦那さんは赤ワインと。私は、自家製サングリア。←これ、絶品!
そして、娘は、通常メニューから、ピザのランチセット。
d0125208_2320651.jpg

窯焼きピザもめちゃ美味しかったけど、この前菜プレートが、どれも美味しくて、コスパ最高☆
是非また行きたいお店です。

そして、自由時間。私はデパートへ、娘ちゃんたちは、錦市場とかLoftなどへ。

その後、ティータイムということで、バルメニューにスウィーツを用意していた「カフェ・バスティーユ」で集合。
d0125208_23234127.jpg

タルトの焼けるいい匂いが漂うお店でした。
d0125208_23242947.jpg

洋ナシタルトはサクサクだし、バニラアイスも白ワインジュレも、美味しい!
調理場にストウブ鍋類がいっぱい並んでいたので、「お料理も美味しいに違いない!」と思った次第。
こちらも、また行きたいお店になりました☆

少し腹ごなしをしながら時間をつぶして、3軒目。
「京ダイニング 笑良笑楽」。
メニューは、こちら。
d0125208_23282688.jpg

近江牛ローストビーフの一皿。限定50食と書いてあったので、スタート時間6時に合わせて行ったのですが、一般のお客さんは5時半~ということで、すでに、席はいっぱい。少し待てば行けるかな、と思っていたら結局かなり待ちました。そのあたりが、かなり残念ではありましたが、良く冷えたビールとこの一皿は、かなりの満足度でした。
こんど、普通の時に出かけて、ゆっくり通常メニューも味わいたいです☆

というわけで、珍しく街ブラを楽しんだ週末でした~。
京都、たのしー♪
バル・イベント、たのしー♪
[PR]
by mikasselection | 2012-07-23 23:38 | お出掛け | Comments(2)

岡崎勉さんの新作です!

d0125208_13494961.jpg

一昨日のランチ。冷奴どんぶり。あったかいご飯の上に、冷たい豆腐と薬味を乗せて、出汁醤油を回し掛ける。簡単だし、美味しいのです。
こんなご飯を1時過ぎにゆっくりと新聞をめくりながら食べるのが私の楽しみ。
でも、そんなお昼ご飯Timeが昨日からお預けになりました・・

夏休み突入ですね~~~~!!

まぁ、6年生女子、一人っ子。ご近所のママさん達に比べれば、かなり楽ちんそうなんですけどね^^
昨日の午後は、
「ママー!おしっこもらしたー!おしっこもらしたー!わ~~~」
って叫び声が響き渡ってましたし^^

みなさん、がんばりましょうね~~
楽しい夏休みになりますように◎

d0125208_141344.jpg

荒木義隆さんのトルコブルーの角鉢に、我が家のトマト。黄色いトマトは、友だちが「おいしいよ!」って教えてくれたので、初めて育ててみたのですが、、ほんとに、美味しい!
・・ただ、食べきれない。わんさと実りますーっ。
d0125208_14142981.jpg

いつもどこかに「トマト」な食卓です。
d0125208_14152965.jpg

あ、この高台皿!岡崎勉さんにお願いして作って頂いたもの。
期待以上の器になって、出来上がってきました~。
ぽてっとして、つるっとした岡崎勉さんの作品。
使いやすくて、本当に愛おしい器です。

上の写真にある黒と白のお鉢も、再入荷してます。
ご覧くださいね。
Mika's Selection

それから、荒木桜子さんのガラスをお客さまたちが素敵に使ってくださっています~♪
彩り屋さん
ほ助さん
あぁ、おいしそう
[PR]
by mikasselection | 2012-07-20 14:22 | 岡崎勉 | Comments(0)

ステンレスのカトラリー別の顔。

d0125208_9335995.jpg

お姑さんたちから、ごっついものが届きました☆
香住の岩牡蠣!

おっきな牡蠣がどっさり。うれし!
・・・ですが、箱を開けて一瞬の後、パタンと蓋を閉じました。
・・・・・殻、あけるの、たいへんそうー。悪いけど、旦那さんに任せよー。ってなわけです。

で、旦那さんにトンカチとナイフを使って準備して頂き、、
d0125208_938474.jpg

「いただきまーす!」
お味に、びっくり!
どっかで聞いたことがあるようなセリフですが、、
「ミルクのような濃厚さ」
という言葉がぴったり!今まで食べたことのない美味しさでした。
相当濃厚!・・これは、三重の浦村牡蠣のような「食べ放題」は絶対向かない☆
ご馳走さまでした♪

さて、
先日、ギャラリー草土の福田英明さんに紹介されたもの。
d0125208_9425268.jpg

これ、何を使ったオブジェだか、分かりますか?!
d0125208_9514253.jpg

ステンレスのピックフォークの抜き型☆
なんか、おもしろ~い!と思って、時々、信楽の器とコラボさせた作品を作ってくれるプリザーブドフラワー教室のCercaちゃんに送ってみると、、
d0125208_954977.jpg

こんな風になりました☆
お子ちゃまレッスンも多いCercaちゃんの教室らしいかわいらしさ。(お教室はこちらを)
福田英明さんの場合は、これに和紙をつけて素敵な照明器具に変身させていらっしゃいました。

福田さんプロデュースのこのステンレスカトラリー。
d0125208_100561.jpg

先日大阪駅付近で入ったお洒落なカフェでも使われていました。
写真より実物の方がずっと素敵な作品です^^
こちらでご紹介しております)
・・・先週、最新作のカトラリーレストを見せて頂いて、「欲しい!欲しい!」と言いつつ、忘れてきてしまいました; 今度頂いてきますね~~

でも、ずっとずっと、「いいなー。」「いいな~。」「いいな~~~」と思っていた器を頂いてきましたよ。
d0125208_1062376.jpg

青墨釉という名の深海のような、、(いや、岩ノリみたいな?)深みのある色の器です。
アタや古材、緑に合わせると、アジアンテイスト☆こんなコーディネイトも夏らしい♪
うつわ屋「Mika's Selection」、ご覧くださいね。
[PR]
by mikasselection | 2012-07-14 10:16 | ステンレスカトラリー | Comments(2)

夏野菜

d0125208_13532670.jpg

夏野菜の揚げびたし~
義父母の畑より、作品の山が届いた♪ 夏野菜、美味しい!

こちらは、近頃の私のランチ。
d0125208_13544798.jpg
d0125208_1355461.jpg
d0125208_13551436.jpg

トマトスパ、トマトピザ、トマトソーメン。
・・義父母の畑、何が豊作だったか、わかります??^^

週末は、法事のため、私は一人で帰省してきました。
昼間は愉快な親戚たちとおしゃべりして、夜は、学生時代の強烈な友人たちとお腹が裂けるほど笑い、楽しい時間を過ごしてきました。いやはや・・

こちらは、祖母の箪笥から出てきたものの中から、少しだけ、私が頂いたもの。
d0125208_13585239.jpg

洋裁の雑誌と祖母の女学校時代のノート。
祖母らしい、几帳面なノート!
教科書やノートは、綺麗な状態で何冊も出てきたので、みんなで感心して見ていました。
どれも和裁、洋裁のものでした。一生懸命勉強していた祖母の時間がそこに残っているようで、なんとも素敵な遺品たちでした。
教科書は教師をやっている従姉が学校に寄贈するそうです。大切にしてもらえるといいです。
d0125208_141288.jpg

昭和28年発行のものですが、
いかしてますね^^
[PR]
by mikasselection | 2012-07-09 14:07 | うちのご飯 | Comments(4)

お茶談義

目覚めの一杯。
d0125208_10595121.jpg

蒸しっとした朝。ちょっと渋めの冷茶は、飲み心地も良いし、朝、摂取する栄養素としてはかなり
GOODです。すっきり!

お茶歴の浅い私なので、非常に自己流の飲み方なんですが、昨日、テル子さんとおしゃべりして、そうそう間違ったことはしていない、ということが分かったので、ご紹介^^

私のお茶生活☆
冷茶の次は、朝ごはんと抹茶ドリンク。
d0125208_117406.jpg

今日は、テル子さんからサンプルで頂いた無糖抹茶ジンジャー。生姜がピリリと効いた抹茶です。
抹茶は、煎茶では十分摂取できないビタミンC,E、カロチンも採れるので◎
(美容効果を期待しております☆)

それから、家事と朝一の仕事を終えた10時くらいに、お茶タイム。
湯呑み2杯の少量の水を沸かすのですが、その前に、冷蔵庫から煎茶の袋を取り出します。
お茶は低温低湿気がお好きなので、今は、冷蔵庫で保管しているのですが、その際の注意点は、匂い移りと、常温に出したときの湿気。封を開けるまでに、しっかり常温に慣らします。

お湯が沸いたら、極上一杯のために、しっかり冷まします。
「ぬるい」温度で淹れた最初の一杯は、あまくて美味しい♪
そのあと、もう一煎。
d0125208_1127374.jpg

今度はもうちょっとパンチの効いた一杯で良いので、やかんに残っているお湯をそのままソロリと注いで。
一口おやつをパクリとしてから、ごくり。
満足です。

そして、お茶っ葉は、午後用にお水を注いで冷蔵庫へ。
d0125208_11303397.jpg

このボトル、とても便利♪ 抽出されたな、と思ったら、茶漉し部分を抜き出せばよい◎

これで、脳が活性され、そして、精神は落ち着き、、
と信じて、今日のお仕事へ^^

・・・茶葉をこんなに使い回すのは邪道だろう、と思ったのですが、午後に飲む冷茶もかなり美味しいです。甘みより渋みが強くはなりますが、すっきり頂けます。

そして、夜ごはんの後、また新しいお茶を淹れ、その後、翌朝用に水を入れて冷蔵庫へ。
こんな繰り返しです。

緑茶にもカフェインが含まれているのですが、夜のコーヒーは眠れなくなってしまう私でも、緑茶は平気。
こんな人も多いのではないでしょうか?
カフェインの他に、リラックス効果のある成分、テアニンのおかげかもしれません。テアニンは、睡眠時に摂取すると、疲労回復に優れていると言われていますよ。

テル子さんが極上のお茶を分けてくれるおかげで、満喫しているお茶生活。
これをショップの方にも生かしていきたいのですが、、、、まだまだお茶の販売に関しては模索中。
無い知恵を絞って、頑張りたいです~ ><
[PR]
by mikasselection | 2012-07-06 11:50 | 宇治茶・和束茶 | Comments(0)

荒木義隆さんの器、入荷です♪

d0125208_2317485.jpg

荒木義隆さんのトルコブルー☆この夏は、こんな角鉢がお目見えです~
手に取った時、、、
「使いたい!」
と思った器です。

翌日、さっそく・・
d0125208_23193391.jpg

キュウリでも^^;

荒木義隆さんのトルコブルーや藍色の染付の作品は涼しげで、節電の夏には
ぴったりではないでしょうか?!
また、少しではありますが、とっても使いやすそうな器たちを手に入れてきましたので、
ぜひ、ご覧くださいね。
Mika's Selection

荒木義隆さんの器をお好きな方のなかには、「荒木さんの男っぽい器が好き!」
という方も多いのですが、そんな方には、
d0125208_23241459.jpg

ダイナミックな土味を楽しめるこちらのタイプが良いでしょうか?塩釉の作品です。
これも、ガラスとの相性も良く、「涼しげ」を演出できると思います。

ガラスと言えば、、、、
d0125208_23291255.jpg

こちらは、荒木桜子さんのガラス。陶房で見せてもらったものなのですが、、、
この2点、
「色の違い、わかります?」
と聞かれ、
「ん??」
じぃぃーーーーーー

「もしかして、ワイングラス風の方が、黄色っぽくて、角グラスの方が青っぽいですか?」
「正解!」
ふぅ^^;

近い将来、原料が少し変わるらしく、色が変わるかも~というお話だったのですが、その色の違いは、この2点の色の違いよりも小さな違いだそうです。
・・よって、たぶん、買い足しされる方も、そんなに違和感はないかと思いますよ◎

こちらは、家庭菜園で毎日順調に収穫できる「茄子」。
d0125208_23365449.jpg

夕方早めに作って、
「娘ちゃんには、冷たくするね」
と言ったら、
「え?!なんで?うち、なんか悪いことした?」
と慌てるので、何かと思えば、
“冷たくする”のを「茄子」じゃなくて、私の娘ちゃんに対する態度だと聞き間違いしたらしい。
・・・ぶぶぶ。かわいい^^
あ、こちらの器も荒木義隆さんの鉢です。灰緑釉の作品。この釉薬と土の感じもかなりいいです^^
[PR]
by mikasselection | 2012-07-04 23:42 | 荒木義隆 | Comments(0)