Hi! from Shiga

mikas.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

荒木陶房情報

ひとさまのブログが更新してないとがっかりするくせに、自分はちっとも更新作業がはかどりませんっ。・・もし、がっかりしてくださっている方がいらっしゃいましたら、すみませんっ;

さてさて、やっと陽気がよくなりましたね♡ 
枯れ枯れだった庭も、いつの間にか花が咲き始めています♪

一昨日、こんな道を上がって、、、
d0125208_13535155.jpg

荒木桜子さんのガラス工房へ。
約半年、産休をとっておられた桜子さん。首が据わったちびちゃんは、4月から保育園ということで、桜子さんもお仕事再開です。
d0125208_13542272.jpg

しばらく火を止めていた窯。月曜日に火を入れ、温度を上げている最中だそう。上がりきるまで、なんと、一週間☆
工房も陶房も、面白いです。作家さん達の創意工夫がいろんなところに見られるんですから^^
d0125208_13583514.jpg

ボールに茶漉し?!

桜子さんとは、新作の打ち合わせをして、それから、荒木陶房さんに寄って、荒木義隆さん作品をたっぷり持ち帰って参りました~
早速使ってみましたよ。
d0125208_1441024.jpg

去年とはちょっと違う安南の器。ベトナムの香り漂うこの器を使うと、ちょっとエスニック気分になりますね。
こちらは、お客さまから届いたお写真。「荒木さんの器、まずは肉じゃがを」とのこと。
d0125208_1038024.jpg

なんだか、ホッとするお写真です^^ Jさま、ありがと~♡

耳より情報ですが、、
荒木陶房さん、炭山陶器祭に出店されますよ。4月7、8日(宇治川さくらまつり)です。
去年は中止されたのですが、
「例年、うちは、だいたい、初日の昼頃には完売しますね」
とのこと。(若大将、どや顔です☆) 桜もきっと綺麗でしょうし、是非お出かけくださいね。
出掛けられない方は、、、Mika's Selection、もうすぐ更新できますから^^;
是非、こちらへお立ち寄りくださいませ~ 
[PR]
by mikasselection | 2012-03-30 14:11 | 荒木義隆 | Comments(0)

信楽情報☆

d0125208_1122531.jpg

梅まつりで買って来た梅。ほんのり、香ってます♪
さてさて、生憎の冷たい雨ですが、娘ちゃん、本日5年生修了です。
はやい!
ほんとに、あっという間でびっくりしますわ。顔はバブちゃんのころと変わってないのに、背丈は勿論、足も掌も大きくなってて、、、、。
バブちゃんのころは、あんなにチュバチュバさせてくれたのに、最近は嫌がられますっ★
・・そんなお年頃ですものね。当たり前か。早くあきらめなきゃっ;

さて、昨日、ちょっと更新いたしましたよ、Mika's Selection
・・どこに新しい器があるのかわからないほど、“ちょっとした”更新なんですけど;
d0125208_11261083.jpg

でもでも、こちら、岡崎勉さんの黒釉のお鉢。
待ちに待っていた器です。粉引きバージョンも良いのですが、岡崎さんの黒釉モノもとても素敵です。
使っていくうちにしっとりして来て、もっと良くなります^^
d0125208_11323152.jpg

岡崎さんの陶房。
d0125208_11333152.jpg

岡崎さんの薪。“あかん薪”なんだそうです^^;
d0125208_1132732.jpg

岡崎さんちの犬。爆睡中☆
d0125208_11343921.jpg

岡崎さんちの近所。
伊賀に近い場所に位置する岡崎さんの陶房。この辺りの景色、好きなところいっぱい♪
・・・ただ、このところ、信楽トリップも結構つらいですっ。
帰り道では、
目がかゆい!
鼻がかゆい!

そんな信楽ですが、来月は楽しいイベントが開かれますよ~!
散策路でのアートイベント
今年は、開催時期が例年より少し後ろにずれてます。桜の時期に合わせたんだそうですよ。
確かに、4月一週目の信楽はまだ寒いので、この日程はかなり嬉しい~♪
ノスタルジックな信楽の散策路が、とってもアートな場所になります。
今年は更におもしろそうです。
今、作家さん達は、せっせとビーズ作成中。
あちらこちらで、手づくりのビーズを集めるのも、たまらなく楽しい☆
ご家族揃って、是非お出かけくださいね。

d0125208_11472983.jpg

d0125208_11474261.jpg

はるひさんのこちらのレシピで作った牛スジのワイン煮。とびきり美味しく出来ました~◎
[PR]
by mikasselection | 2012-03-23 11:51 | 信楽陶器祭 | Comments(0)

梅まつり

d0125208_2314620.jpg

先日、信楽へ出掛けた帰りに買って来たもの☆
お膳とガラスのピッチャー。怪しいお店なんですけど^^
d0125208_23145467.jpg

興味をそそられて、時々覗くんです。
それでも、いつも野菜と猪肉しか買わないんだけど、この日はよいものが見つかりました☆
風呂敷に包んでくれたので、
「風呂敷ですか?!なんか、珍しいですね~」
と言ったら、
「そぉか?解体に行ったらこんなん、大抵の家からでてきますやん」
って。
d0125208_23165688.jpg

そう。このお店、お家やお店の解体に出掛けて手に入れた物を売ってるの^^
いんちきくさくて、いいでしょ?!^^

さて、行楽日和だった今日は、奈良の端っこの山里、「月ヶ瀬」の梅まつりに出かけてみました。
d0125208_23232055.jpg
d0125208_23232815.jpg

例年なら満開の時期らしいのですが、今年は、まだ3分咲きほど。
満開だったらさぞ綺麗だろうな~~~という場所だったので残念でしたが、
お茶屋さんがいっぱいで、なかなか楽しかったです♡
d0125208_2325497.jpg

d0125208_2325442.jpg

景色の綺麗なところもいっぱいあったし、急な斜面をいっぱい歩いて、程良く運動できたし、よい休日になりました~
さ、明日からまたがんばろ!
[PR]
by mikasselection | 2012-03-20 23:30 | お出掛け | Comments(2)

器の魅力

d0125208_14314281.jpg

キッチンでシャカシャカ抹茶を立てて、一服。
おニューの抹茶椀です。とびきりステキ。
昨日、福田英明さんの陶房で戴いちゃった器♡
目の前ででき上がったばっかりの器なのに、なんだか、ちょっと時代を感じる風貌ではありません?

でき上がる工程を、ちょっと巻き戻してみましょう~☆
d0125208_14344767.jpg

水道でジャーっと流してます。
何を洗い流しているかと言うと、、
d0125208_14372042.jpg

ん?!まっくろ?
d0125208_14381744.jpg

ぐるぐるっと筆で塗っています。
元々は、こんな器なんです。
d0125208_1443019.jpg

貫入が入っているようには見えない器だったのですが、筆で黒い色を塗って流したら、不規則な、でも、綺麗な細かさの貫入がさーっと現れて、風格がでました。
おもしろいっ!

今回、私が面白がったために、福田さんが目の前でサッと「墨汁」を塗ってくださったのですが、他には、番茶に漬けたり、どんぐりの汁に漬けたりするんだそうです。
コツとしては、土に色がしみこむほど漬けると、後々色が出てくることがあるそうなので、釉薬部分にかかる程度に塗り込んで、サッと流すことなんだそう。
d0125208_14493146.jpg

貫入に色をつけたら、次は、目止め。糊の役目をしてくれるよう、米のとぎ汁だったり、牛乳を煮込んだ中に入れるんだとか。

「牛乳ですか?!」
「手軽にできるやろ。これは、貫入に色を入れずに、牛乳で目止めしたもの↓」
d0125208_14514661.jpg

思わず、鼻を近づけてクンクンしちゃいました^^
(匂いませんでしたけど^^)

(富田正さんのピンクの貫入風景はこちら☆

日常使いの器には、最近は殆どの作家さんが撥水剤を最後にかけられるのですが、茶道の世界の器などは、わざわざ「時代」をつけた感じが喜ばれるとので、しっかり撥水加工したりせず、器も育てやすいような仕上げのようです。
日本人の独特な美的感覚ですね~。
この器の底の方。釉薬が縮れたようになってますよね。
d0125208_1442268.jpg

これなんかは、梅の古木に例えられたりするんだそうです。
風情がありますね。

・・裏話として、ちょっと欠けたような器を持ち帰る骨董屋さんもいるんだそう^^ こんな感じで、色を足したり、或いは、何かケミカルを使って釉薬に変化を付けたりして、古いものに見せたりするんですって☆わお!

それに、出来たての器には魅力が無いということで、わざわざ作った器を一旦外に放置する陶芸家の方もいらっしゃるとか。
器は、風雨にさらされ、土を被り、、、そして、良い塩梅になっていくんだとか。

福田英明さん、来週は福岡に行かれます。
お近くの方、是非、こんな話を聞きに行かれてはいかがでしょうか?
マリンメッセ福岡
他にも、堂本正樹さん、古谷浩一さん、そして、奥田さん(章さんじゃなくて、お兄さんだけかも)も参加されますよ~。
[PR]
by mikasselection | 2012-03-17 15:09 | 信楽焼の器 | Comments(0)

おうちランチ

Happy White Day! 
d0125208_16243550.jpg

今日はテル子さんが遊びに来てくれたので、ランチをご用意。
「一時間でおもてなし」が最近のマイブーム。
ご飯を炊くのに20分+12分+20分で一時間ほどかかるので、この間に準備できるというのが、テーマなんです^^
d0125208_16422468.jpg

まずトマトをカットして、クレイジーソルトを軽く振って、チーズをサンド。それから、アボガドと春菊をオリーブオイルとレモンで和えて生ハムでまきまき。オリーブオイルとレモンの汁が少々残っている小ボールに玉ねぎスライスととろけるチーズ、マヨ、醤油を入れて混ぜ混ぜして、レンジでチン。それをクラッカーに乗せて鰹節を少々。使ったボールで今度は、自家製味噌とニンニク(チューブ利用)、マヨを混ぜて、グラスへ。軽く湯がいたスナップえんどうとニンジンを投入。
丁寧に盛りつけても、10分あれば充分☆
d0125208_16322275.jpg

メインは丼☆
茄子と豚バラの甘辛焼き with レタス、ネギ、目玉焼き。(もうちょっと綺麗に盛ればよかったんだけど・・・)お客さんが到着してから最後の仕上げをすると、やっぱり、「さっさとせねば!」となってしまって、こうなりますー;
スープは、昨夜の残り物のブロッコリーと小松菜ポタージュ。
というわけで、器を選んで並べるところから始めても1時間でラックラクです^^

d0125208_1640464.jpg

楽しいおうちランチですが、、、面倒臭いのは、この子★
ママが怒るので、もう少しで届くご馳走が遠いポポである。

・・・ちなみに、昨日のランチは、
d0125208_1651028.jpg

前夜のサーモングリルと玉ねぎスライス、チーズをパンにのっけて^^;
おまけは、名古屋のデパチカでお土産に買って来た手羽先。

この日・月曜日、一人で実家に帰ってきたんです。
OLを辞めてから一人旅って久しくなかったので、なんだか、めっちゃ身軽感でいっぱいでした^^
いつも私が家に居ると、旦那も娘ちゃんも私に頼りっきりになりますからね。旦那なんて、もっとできる子だったはずなのに、すっかり家事が苦手になってるし。
祖母のお見舞いがメインなんですが、こんな機会、いいかも♪
[PR]
by mikasselection | 2012-03-14 16:52 | うちのご飯 | Comments(0)

和束世界茶産地フェスティバル!

今日、明日と和束町で「世界茶産地フェスティバル」なるものが開かれてますよ!
世界のお茶が飲み放題!しかも、入場無料だし、パーキングだってフリーです☆
日本のお茶も、和束産だけじゃなく、埼玉、静岡、滋賀、奈良、高知等々いろんな産地のものが試飲できます!

最初に小さな茶碗を借りて、興味のあるお茶を戴いて回ります。
d0125208_21552656.jpg

d0125208_21554388.jpg

小さな急須がかわいい台湾のお茶。
d0125208_2159897.jpg

韓国のお茶屋さんでは、香りのよい菊のお茶を戴きました。
d0125208_2159426.jpg

これは、お茶の炭酸割り!爽やかでほんのり甘くてジュースみたい。
d0125208_2213825.jpg

インドのお茶屋さんコーナー。「マサラティ」は無いかと聞いてみたら、マサラティは、ストロングすぎるので、チャイにしたものを並べているとのことで、それをテイスティングさせて頂きました。
マサラの葉、ジンジャー、グローブ、そして、柿の葉??(persimmonって言っていたような)。なんか、とっても美味しかったので、売って欲しいと言ったのですが、彼曰く、
「Food expoのために来日しただけで、このイベントは予定外で販売用を持ってきてない」
とのこと。残念だわ~~~~と立ち去ったのですが、帰り際に呼び止めてくれて、少し分けてくれました。
なんでも、
「すごく好きだと言ってくれた人には分けてあげなきゃね。tomorrow will never come!」
なんて、洒落たことを言ってくれました^^ うれぴー

テル子さんから常々、関東のお茶と京都のお茶は全然違う、と聞いていたので、その違いを知りたいと思っていたんです。確かに、関東のお茶(静岡、神奈川、埼玉の煎茶を戴きました)は、渋みが残る印象。テル子さんから聞いていた通りでした。(っていうか、聞いていたからそう思ったんだと思うんだけど・・・;)

紅茶も、インド、スリランカ、滋賀、京都の紅茶を頂いたのですが、日本の紅茶は渋みが無くて、味は全然違うな~という感じ。

あれこれ一緒に味わえるので、とても面白かったです。

食べ物も充実していて、お茶を使ったお団子、大福、クッキー、パン!お茶漬け、茶蕎麦、、焼き鳥もお塩とともに抹茶が降りかけられていたり、美味しいものがいっぱい♪
興味があっちこっちに走ってしまって、今思うと、
「あれ買ってこればよかったなーー」
と後悔後悔。

お近くの方、明日、楽しんでください^^
[PR]
by mikasselection | 2012-03-10 22:20 | 宇治茶・和束茶 | Comments(0)

奥田章さんの仕事風景☆

d0125208_1753859.jpg

奥田章さんの陶房を訪ねたら、丁度作業中☆
何を昨陶中かというと、、、
d0125208_17541138.jpg

楽しいキッチン」のゆっきーさんもステキに使って下さっている“ひび割れ角盛りシリーズ”の裏面です。
ぺターンとした粘土にまっすぐ一本線をすーっと。
d0125208_17562614.jpg
d0125208_17564138.jpg

一本まっすぐ、同じ力で、同じ深さで削っていくって、難しそう!!
d0125208_17565289.jpg

全部削り終わったら、頭出しの部分を揃えて、、
d0125208_1757466.jpg

最後は、石粒で削れた部分などをちょこちょこと埋めて、出来上がり。
なんとも集中力の要りそうな仕事☆
お手元に器のある方は、この作業を思い浮かべながら、裏を眺めてみてくださいね^^

さて、また信楽をぐるぐる~~と回って来ましたので、サイトの方、少し、新しい器、
入ってますよ~
d0125208_18422100.jpg

ご覧下さいね。Mika's Selection
[PR]
by mikasselection | 2012-03-08 18:05 | 奥田章 | Comments(2)

抹茶の味わい方♪

d0125208_15252086.jpg

テル子さんがいろんな試作品を作って持って来てくれました。
これらは、甘くない抹茶ドリンクです~。
今販売している抹茶ミルク、抹茶チョコ、ほうじ茶ラテも甘さ控えめで、そして、市販の抹茶系飲み物に比べて、抹茶の香りが濃厚で美味しいのです!
ですが、外国の方と話していると、「No sugar is better」。
と言って、苦いのが好きなのか、というとそうではなくて、結局後から、人工甘味料を入れるということなので、どっちがヘルシーなのか分かりませんが、、、、
まぁ、とにかく、そんな声を聞いて、早速テル子さんが拵えた無糖派たち。
甘い方が飲みやすいのですが、自分で、はちみつやキビ砂糖、みかんジャムなど入れて甘さを調節してみるのも、かなり面白い◎

最初こそ、ちょっとコツがいった混ぜ具合も、最近ではスッとできるようになり、アレンジもいろいろ。
d0125208_15345322.jpg

お餅を焼いて、おはぎの残りのあんこを少し
d0125208_153589.jpg

抹茶ぜんざい☆
d0125208_15343355.jpg

抹茶アイス☆

さてさて、3月ですね~~~
昨日は、今年度最後の参観日。
d0125208_15433682.jpg

d0125208_15442070.jpg

「6年生を送る会」も終わったそうで、、、もうすぐ6年生になる娘ちゃんです☆OH!

寝起きでゴロゴロしてると、
d0125208_15451452.jpg

すかさず、ポポが座ります。
・・娘ちゃんの上に^^
[PR]
by mikasselection | 2012-03-02 15:47 | 宇治茶・和束茶 | Comments(4)