Hi! from Shiga

mikas.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

文五郎窯

今日、奥田章さんのところへお邪魔し、お鍋に使いたい、こちら
d0125208_22373360.jpg

浅鉢の小サイズ、中サイズを頂いてきました~

ちょっと久しぶりに訪れた奥田章さんの文五郎窯。
d0125208_22394714.jpg

今日から、併設ギャラリーでは、家具作家さんと、今、奥田さんのお仕事を手伝っていらっしゃる女の子の作品展が始まっていました。
d0125208_2240155.jpg

至福の座り心地。いいな、、この椅子☆
d0125208_22403198.jpg

家具作家さん、トレーやプレートなどの小物もあり、目がハートになりました♪
う~ん、また拝見したいっ

そいで、こちらは、奥田章さん。
d0125208_22432786.jpg

只今、撮影中~☆
雑誌のインタビュー&撮影の最中でした。プロのカメラマンの方が、どう器を撮影するのか、、じろじろ見せて頂き、面白いひと時でした☆
[PR]
by mikasselection | 2010-10-29 22:48 | 奥田章 | Comments(2)

鍋修行

冷えますなぁ~~~
とはいえ、まだ、暖房を入れたくはないので、昨日の午後は、土鍋をグツグツさせていました。
d0125208_11222569.jpg

大豆の水煮。灰汁を取りながら20分程煮たら、後は、余熱でOK。
今まで、「面倒だなー」と思っていたことが、意外に簡単にできました。ジップロックにたっぷり3袋、保存食ができました☆
長谷園さんの「煮込みの土鍋」を軽く洗ったら、今度は、すね肉のワイン煮をコトコトと。
d0125208_11252067.jpg

夏は、圧力鍋で短時間で作っていたものですが、ひんやりしてきたら、コトコト煮るのが嬉しい☆

今朝は、残ったスープに水煮の豆を入れて、
d0125208_1127722.jpg

ココア&ハニーパンと。おいしっ^^

そして、Tomyさんのお家の牡蠣蒸しが美味しそうで、牡蠣を買ってきた日。
d0125208_11313250.jpg

こちらも伊賀の土鍋「ふっくらさん」にお酒を薄く張って、網を乗せ、牡蠣と豆腐を蒸してみました。
d0125208_11322183.jpg

牡蠣、ちっちゃ!
・・でも、味がぎゅぎゅっと濃縮されて、めちゃおいしい!

土鍋、いいですよ!^^
[PR]
by mikasselection | 2010-10-28 11:37 | 長谷園・伊賀の土鍋 | Comments(4)

満喫、ホームベーカリ~

美味しく出来るようになってきました♪
d0125208_1426383.jpg

これは、さつまいもがたっぷり入った食パン。
d0125208_142853.jpg

ネットで見つけたレシピですが、お米パンのようなもちもち感に感激~♪

こちらは、ジャム混ぜて焼いたちょっと甘い食パン。
d0125208_14292814.jpg

これは、失敗した、なんだかちょっと粉っぽかった食パンで、パングラタン。
d0125208_14302062.jpg

楽しいじゃないか、ホームベーカリー!
強力粉とドライイーストを用意すれば、あとは、家にある材料を加えるだけで、いろんな食パンができちゃうというのも、嬉しい☆

そんなわけで、
“かまどさん”で炊く新米もとびきり美味しいし、HBで、ほかほかパンまで出来ちゃって、大変幸せな、我が家のキッチンです^^

昨日の夕飯は、サンマ定食。
d0125208_143254100.jpg

娘ちゃんに、
「今日のサンマは、魚屋さんで頭を切ってもらって、お腹も出してもらったのよ~」
と言えば、
「え?それで、食べるところあるの??」
と、『???』だった娘ちゃん。
頭が無くて、お腹も無い??

「お腹って、ハラワタを抜いただけだから、大丈夫よ^^」
と答えたものの、頭が無い状態のサンマが想像できないらしく、しきりに、
「ね、ね、グリル開けてもいい??見たら、あかん??」
と。
焼き上がったサンマを見て、
「ひぃー、なんか、首をちょん切られたみたいで、こわーい!!」
と、騒いでおりました^^;
[PR]
by mikasselection | 2010-10-26 14:44 | 信楽焼の器 | Comments(4)

秘仏めぐり in 奈良

小雨のぱらついた昨日でしたが、い~もん見てきましたよ~♪
奈良の仏像たちです。
現在、平城遷都1300年のイベント目白押しの奈良。
普段は拝めない秘仏もいっぱい公開されています~。
ということで、仏像好きの先輩たちに付いて、珍しい場所に足を運んできました。

まずは、レンジョウ寺(すみませんっ。字が出てこないっ)
d0125208_14314544.jpg

ガイドマップにもそうそう載っていない場所なんだそうです。
それだけに、佇まいが静かで、控え目。気品のある境内です。
ここにいらっしゃるのが、袴を穿かれた阿弥陀如来さまです。
d0125208_14361094.jpg

(頂いたガイドマップの写真を抜粋)
腹筋が割れた上半身ゆえ、細マッチョな仏像さまだと思ったら、これは、女性なんだそう。
袴は、50年に一度、着替えられるそうで、こちらが、一代前の袴。
d0125208_14404256.jpg

着替えは、未婚の女性のみで行うのだそうで、12年前、このお寺のお嬢さん二人がされたそうです。(普段は、重要文化財に指定されている仏像なので、お寺の方でも手を触れることは許されず、文化庁の方が掃除にやってくるのだそうよ)
そして、袴は、先代の寺主さんが、無地のものを用意されていたそうですが、それを合わせたら、お似合いにならず、急いで、松や鳥の描かれたこのおめでたい柄を用意されたそう。
d0125208_1446301.jpg

そんなお話を、綺麗なお庭を見ながら聞きました^^
d0125208_1447433.jpg

普段は、庭のお花が綺麗な5月にだけ、拝見出来る仏様です。

次は、こちら。「頭塔」
d0125208_14162989.jpg

知ってます?!これ、奈良のピラミッド☆
東大寺をずっと南に下りたところにあります。
元々、こんもり土が盛り上がった古墳のようなものだったそうなんですが、
あちらこちらに、ちょこちょこ石仏がのぞいている。
で、ちょいと発掘を始めたら、なんと、ピラミッドが現れた!
・・と、そんな話だそうで、2002年にやっと、現在のように整備された、
古いけど新しい史跡なのです。
d0125208_14223957.jpg

ひっそりと埋まっていた石仏たち。
住宅地の中に、突如現れれる空間なので、非常に不思議な感じです。

そして、十輪院。
d0125208_1450445.jpg

この本堂自体が、国宝です。天井が低くて、邸宅のような作りですが、均衡がとれていて、なんとも美しい。
d0125208_1452228.jpg

ここでは、特別開帳の仏様より、本堂の奥にある、お地蔵さんにびっくりです。
d0125208_15103235.jpg

外からもお顔を拝むことができるのですが、中に入ると、洞窟のような作りの部屋の中に、大きな石造りの地蔵菩薩さまがいらっしゃいます。それも、とても、つるっとした綺麗なお顔の☆
その菩薩さまの周りには、宇宙を思わせる彫り物があり、これまた、なんだか不思議な気を感じる場所でした。

と、見学したのは、この3つなのですが、連れて行ってくださった方々が、それはそれは、お詳しい方々なので、おもしろいったらありゃしない!って時間でした。
そして、仏様たちの優美なお顔を拝ませて頂いたので、なんだか、心が洗われたような気がしています^^
奈良、面白いです♪
[PR]
by mikasselection | 2010-10-22 15:11 | お出掛け | Comments(7)

焼き立て

焼けた~
d0125208_154535.jpg

お昼ご飯を食べながら、HBに付いてきた「取り扱い説明書」をめくっていたら、「蒸しパン」が手っ取り早くできそうなことを発見。
早速。
d0125208_15301792.jpg

HBの前にへばりつくポポ。いいにおいがするし、あったかいもんね^^
d0125208_15311344.jpg

お皿に乗せたところで、娘ちゃんがご帰宅☆

ん、なんか、ブルーっぽい。
話を聞いてみれば、、、大好きな図工の時間。
出来上がった作品を持って、(よし、きっと、OKもらえるぞ~)と、意気揚々と先生のところへ行くと、第一声が、
「あれ!もう、これ、貼っちゃったの?!」
と。
「その声を聞いてな、うちの手と足は、ゆっく~り、縮こまって、まるで、カメが甲羅に入って行っちゃうみたいになったの。ほんとに、甲羅があったら、隠れちゃえたんだけどなぁー」
だそうだ^^
そして、自信を持って、よし!と思った作品だっただけに、そのミスが残念だったようで、
「あ~ぁ、時間が戻ればなぁ~~~~」
とぼやいておりました。>あ、まだ、ぼやいてます^^

「ちょうど、蒸しパンできたところだから、お茶しよ!」
と、今日はまあるいカップで、ミルクティ。
d0125208_15441111.jpg

娘ちゃんは、お茶しながらも、ぶつぶつ。
私にとっては、おかしくてしょうがないような出来事ですけど、小4女子としては、けっこう、へこむコトなんだそうです^^

そういえば、私がお菓子作りが苦手な理由は、これなんじゃないかしら?
d0125208_16324077.jpg

アメリカから持ち帰ってきたものなんだけど、、計量カップは20mlごと、重さも20グラムごとの目盛り。使っている計量スプーンは、1TB(テーブルスプーン)で、大さじなの?小さじなの??
とりあえず、75mlとかいうのが測りにくいので、新調しよっ。
[PR]
by mikasselection | 2010-10-20 15:46 | 子育て日記 | Comments(4)

ありゃ?

う~~~~ん
d0125208_16284222.jpg

ちょいと残念な出来栄え・・・
初トライは、このようなことになってしまったけど、、
でも、これでも、外はパリッ。中はモチッとしてて、おいしい♪
うふ。嬉しい♡ 
ホームベーカリーが来たんですよ、我が家に☆
d0125208_16304650.jpg

パン太りする、なんてメッセージも頂いたので、気をつけながら食べましょう^^

d0125208_16315728.jpg

こちらは、魚介たっぷり炊き込みピラフ。
これも、実は、ちょっと、「あれ??」な出来具合。
3合炊きの伊賀の土鍋「かまどさん」で、3合やったら、具が多すぎたようで、蓋を開けたら、内蓋に押しつぶされるようにムギュムギュになってました。
残念っ
d0125208_16334762.jpg

でも、長谷園の土鍋「かまどさん」&「ふっくらさん」のおかげで、友達とのディナー用意が、とってもラクチンでした☆
(ちなみに、松茸ご飯やサツマイモご飯は、3合炊いても、もちろん、問題なしでしたよ)

d0125208_164228.jpg

そして、こちらは大成功だった「りんごのワイン煮」をのっけたパンケーキ。
リンゴの表面はしっかりしていて、でも、中はトロトロっと柔らかくて。
d0125208_16395280.jpg

これは、長谷園の「煮込みの土鍋」で作りました。火を入れたのは15分。その後、30分放っておくうちに、水分がなくなりました♪余熱の威力。

そうそう、土鍋で煮込むと、煮崩れしなくて、その理由を長谷園の服部さんにお尋ねしたら、素晴らしい回答を頂きました。
「くるくる♪週刊化学マガジン」に掲載されていた文章を教えてくださったのですが、簡単にまとめると、イモや根野菜などは、煮込む過程で、60℃あたりを通過するときに一度固くなるということ。
だから、肉厚ボディの土鍋の場合、じんわり火を通すので、60℃で煮込む時間ができ、その後、火が通ると高熱を保つ。だから、煮崩れしないけど、味のしみたホクホクな煮ものができる、ということになるのです!
(あまり長時間60℃で煮ちゃうと、固くなりすぎちゃうというのも、ポイント!)
おぉ~、科学だ~^^

だけど、こちらの土鍋でも、「あれ??」となったのは、ビーフシチュー。
肉を炒めるところも土鍋でやっちゃったら、うまみがすっかり逃げた模様。カスカスのお肉の入ったシチューになりました><
肉のうまみを閉じ込めるため、この手順は、フライパンですべき、のようです^^;

長谷園の土鍋、扱っております「Mika's Selection
[PR]
by mikasselection | 2010-10-19 16:57 | 奥田章 | Comments(8)

炊きたてご飯

この時期、微妙にアレルギーでしんどいっ。朝の景気づけの一服は、
d0125208_11312018.jpg

朝鮮人参TEA☆
チリ鉱山のニュースには感動しました。
世界各地でニュースになったようですが、このニュースで世界平和への道ってできないのかしら?ゲリラ、テロ、民族紛争、通り魔、その他もろもろで亡くなる人の数に比べたら、、小さな33人。だけど、生き残るための執念、生還への必死の願いが、ありましたよね。命の尊さ、繋がるといいな。

さて、昨日のご飯☆
d0125208_11402820.jpg

まったけご飯~。かまどさんの蓋を開けた時に、たっぷりシアワセを感じました♡
d0125208_11405570.jpg

焼まつたけ~

・・あとは、モヤシやらシシャモやら^^;

そうそう、いいお天気だった連休最終日は、お弁当持って、ハイキングへ行きました。
d0125208_1144713.jpg

おかずは私が作って、おにぎりは、娘ちゃんとパパが担当。
熱々ご飯にキャーキャー言いながら、楽しそうに作ってくれました。
d0125208_11445411.jpg

なんともいえない形ですが、でも、人様に作って頂くご飯は美味しいもの^^
めちゃめちゃ美味しかったです~
d0125208_11501254.jpg

d0125208_11561593.jpg

こちらは、途中の道端でおばあちゃんが売っていた枝豆。
収穫期が短いとのことで、
「また、来年来てちょうだいね」
と。でも、この倍の量で500円だったし、なにしろ、粒が大きくて甘くて、びっくりするほど、おいしいっ。今週も買いに出かけたい気分ですっ。

いや~、収穫、そして、行楽の秋ですな~
また週末だ!
[PR]
by mikasselection | 2010-10-15 11:53 | 長谷園・伊賀の土鍋 | Comments(8)

土鍋料理・みそ汁鍋

肉厚で、まあるい土鍋、煮込み鍋(別名、みそ汁鍋)。伊賀の長谷園さんの土鍋です。
こちらは、見た目のかわいらしさも魅力。
d0125208_12515515.jpg

テーブルに出したい♪
d0125208_1046142.jpg

簡単な白菜ミルクシチューです。
煮込む前に、白菜をはじめとするお野菜を、蒸し焼きしておくと、白菜がトロトロして、美味しいです☆ご飯、パン、パスタにも合うスープです。
>白菜も高いですね~~~!直売所、青空市場じゃなきゃ買えないわー☆
d0125208_1049499.jpgd0125208_10491745.jpg

d0125208_10503427.jpg

さて、この土鍋で煮込むと、煮崩れしない、と長谷園さんで聞いてはいたのですが、ほんとのようです。二日半煮込んだジャガイモも、ほら、このとおり、崩れない。・・・私にはあり得ないコトで、びっくり。
思わず、長谷園さんで、
「ほんとに、崩れなくて、びっくりしてるんですけど、なんでなんでしょう??」
と、素朴な質問を。
「ん、、それが土鍋の良さなんですよね。じわじわ熱を伝えてるからなんでしょう。技術の者に聞いてみて、何かもっとピンとくることが分かったら、お知らせしますよ」
とのお返事。う~ん。もっと知りたい、土鍋の世界、ってやつですね。
[PR]
by mikasselection | 2010-10-14 10:59 | 荒木義隆 | Comments(0)

土鍋料理・またまた「ふっくらさん」!

昨日、近所のお友達のお家に、「鍋配達」^^
「ふっくらさん」が楽しそう♪ということで、使ってみてくれることに。
訪問販売の人のように、鍋を広げて、簡単に取り扱いの説明をしてきたのだけど、、、
ほんとに、楽しい「ふっくらさん」なのだ。

長谷園さんの土鍋を使ったお料理本が何冊か出ているんですよ。
それに載っていた「はりはり鍋」を我が家バージョンで。
d0125208_10302859.jpg

薄く油を引いて、塩コショウした鶏肉、ゴボウ、マイタケを炒め、水を切った豆腐を崩しながら乗せ、スプーン一杯の味噌を混ぜる。
その上から、ドバッと水菜。>今、すんごい高値ですね!!このときは、まだ、そんなに高くなかったの~~
d0125208_10324798.jpg

しんなりしたら、出来上がり。
鶏肉のしっとり感に感激しますよ☆
たぶん、塩味が効いてて、豆まめしさが残っている手作り味噌を使うと、もっと美味しいんだとおもいます~~

こちらは、同じく、長谷園のぶっくらさんで、豚肉の蒸し料理。
d0125208_10354887.jpg

お鍋に薄く水を張り、沸騰させておきます。
網に、セロリの薄切りを敷き、その上に、塩と赤ワインに漬けこんだ豚ロースを並べる。
一度水を吸わせた蓋をかぶせて、20分くらい?火にかけます。
d0125208_10375529.jpg

ふんわり柔らかで、ジューシー^^
ただ、今回、量が少なすぎましたっ!蒸し料理なので、お肉を重ねてもっと積み上げればよかったかも。旦那さん、かなり物足りなさそうでした><

長谷園の土鍋たち、もっともっと、いろんな活用法がありそうです☆
おいしい使い方、見つけた方は、ぜ~ひ、お知らせくださいね!
・・また、まだ私も使用歴が短いです。私が気付かない「気をつけなきゃいけないコト!」に気付いた方も、是非、ご一報くださいませ。
[PR]
by mikasselection | 2010-10-14 10:42 | 長谷園・伊賀の土鍋 | Comments(0)

陶器祭が終わって、、、

普段、ネットで器を販売している私にとって、陶器祭のような場所で器を手に取るお客さんとお話しするって、非常に幸せな時間です。
大切な作品たちを販売するというお役目を、私に預けてくださった富田正さん、ゆかりさんご夫婦に感謝です~~~
ありがとうございました。

でも、お客さんたちの質問に、かなりちゃんと答えられましたよ☆富田正さんの出身地とかも☆>やるな~、わたし^^

富田正さん、正祥窯の器たち、
d0125208_9543268.jpg

どんな方の目に留まるんだろう、、、と興味津々でした。
そしたら、一番多いのは、酒器を求める男性陣。そして、次は、若いお姉さんたち♡
独身OR新婚さんくらいの年代の方々が、求められるので、
「へぇ~~~、若いのに、きちんとした食事を心がけられているんだなぁ~~」
と、感心した次第です。
d0125208_9575625.jpg

テーブルに並べるだけで、なんとなく、きちんとした食卓の絵になる器たちですもの。
(湯呑み:富田正さん、豆皿:奥田章さん、急須:山本泰三さん)

・・あ、、今回、殆ど買い物ができなかったので、時々開催しているネット上での、「お土産市」ができません・・
もし、楽しみにされていた方がいらっしゃいましたら、、、、すみませんーーっ
(旦那さんが、「だれそれさんの器が安くなってたから、オレが選んで買ってきたろっか?!パパが選んだお土産市ってどうよ?!」ってしつこく迫ってきましたけど、お断りしちゃいまして~)

我が家への買い物は、ドカンと、、
d0125208_1061517.jpg

メダカ鉢。
以前、福田英明さんのお店の売り子をやらせて頂いた時、隣のブースでめちゃめちゃ売れていたのが、「メダカ鉢」。私としては、不思議なことだったんですが、お店の人が
「メダカ鉢って、人気高いねんで~。みんな、欲しがってんねん、メダカ鉢!」
って。
なんで~~?????と思っていたんですが、、、、
旦那の一声で、娘ちゃんもすっかり乗り気になっちゃって、、、
『今なら、メダカもタダで差し上げます!』
の張り紙があったお店で、ご購入。
d0125208_1092433.jpg

・・・まぁ、でも、いい感じですけど^^

他にちょっと古谷浩一さん、今井美奈さんの作品が頂けました~
只今、何を盛ろうかな~~~
とウキウキしているところです。
ちょっとお待ちくださいね♪

陶器祭で買いそびれた方は、こちらへ~Mika's Selection
[PR]
by mikasselection | 2010-10-13 10:18 | 富田正・正祥窯 | Comments(2)