Hi! from Shiga

mikas.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

祝・退院

昨日、少し前に手術、入院を経験していたママ友に会いました。
すっごく元気で、いつもどおり綺麗にしてて、よかったっ。
まだ通院しているのに、すでに仕事にも復帰。がんばってるな~~~と感心です。

乳がんだったんです。非常に早期発見だったので、内視鏡で摘出することができ、
本人、お酒は控えているそうですが、食欲もモリモリで、元気に日常生活に戻っているそう。

アラフォーの皆さん、検査は必須ですよ~。
周りのママ友と話していると、びっくりするくらい、検診未体験の人多し!
マンモが痛そうで怖いーーと言っている友達がいましたが、私的には、血液採取の方がよっぽど痛いしコワイ。無い胸の肉(or 脂肪)を掻き集めて機械に挟むという作業が大変ではありますが、針が刺さる痛さや頭痛の痛みなどに比べれば、平気なもんです。

と言う私も、産婦人科に検診に行き始めたのは、在米中、アメリカ人の友達に薦められるがまま、産婦人科の主治医を決めたからであって、それまで、必要が無ければ行くような科ではないと思ってました。が、アメリカでは、成人女性は、内科などに主治医を持つのと同時に産婦人科の主治医も持って、定期的に検診を受けるのが普通らしいですよ。
ですので、在米中はきっちり一年に一度の定期健診を受け、家族に乳がん経験者がいる私は、30歳からは2年に一度マンモを受けるように言われてました。今年は40になるので、これからは毎年行こう!と思ってます。>先日退院した友達に言わせると、「半年に一度」がお薦めだといわれたそうです。

なんにせよ、ママ業は代わりがありません。家族のために、ちゃんと体調管理しなくてはね。
d0125208_14395912.jpg

私のランチ。おいしくできたカリフラワーのスープ。
私と娘はスープ大好き。旦那はそうでも無さそうだけど、2対1でこちらの勝ち^^ 
スープが夕飯に出た翌朝は、勿論、スープですからっ。
[PR]
by mikasselection | 2009-02-27 14:44 | 鈴木史恵 | Comments(12)

Break

今日はお天気も悪くて写真も撮れないし、、、、、ちょっと休憩しちゃえ!と映画館へ。
時間的に都合がよかった『ベンジャミンバトン』を観てきました。
一言で言えば、「ブラピ、かっこいい!」 He is beautiful. He has sweet face and perfect body!ってところでしょうか。ブラピファンではありませんが、いやいや、かっこよかった。>年寄りだったり、若かったり、、、かなりメークアップ技術があるとは思うのですが。・・映画はそれほどエキサイティングでも感動的でもなかったかな~~。いいセリフは幾つかあったし、ユニークではありましたけど。

さてさて、来週は、娘の学校で6年生を送る会があります。はや~~~~~~い!
娘ちゃん、もうすぐ3年生。3年生ということは、中学年ですよ!う~~~~ん。

先日、二人の朝。
寝起きで超ご機嫌ナナメだった彼女は、アクタレつきまくりで、私もついムカァと来て、喧嘩。
お陰で、朝ご飯は、シーーーーーン。
なんとなく、(私ったら大人気なかったわね。。。)と反省し、
「さっきは、ごめんね」
と言ったら、娘ちゃん、、、無言で
ニコッ~~~~~~~~~~
満面の笑み。ただでさえ、まあるいお顔がはち切れんばかりでした^^
そして、少ししてから、
「ママ、先に謝ってくれて、ありがとね」
だって^^

また、一緒にテレビを観ているとき、、、確か何かのCMだったかな。
「家族が恋人」
というフレーズに対して、
「ちゃうやん。家族は家族やで。恋人やったら、別れることもあるけど、家族はずっと一緒やで」
と。
は?あんたは何歳?ってコメントですが、かなり的を得ておりました。
人間、日々成長するもんですね。
d0125208_1540492.jpg

福田英明さんの花器とフリージア。花を飾りたい季節になりました。
[PR]
by mikasselection | 2009-02-25 15:45 | Comments(8)

週末Trip~牡蠣街道~

冬の味覚ツアー2009!今年は、蟹をあきらめて、牡蠣を求めてお隣の三重へ。何度行っても「うまいっ!」
d0125208_1052973.jpg

まずは、道路横でジャンジャン焼かれている浦村牡蠣です。1個100円。
アメリカのオイスターバーでは、1ダース(12個)を注文してもペロリと食べられますが、日本の牡蠣さまは、まったく別物。味が濃厚。後味がしばら~く口の中から消えませんっ。
この炭火焼・牡蠣は更に、じゅわ~~~と美味しさが口に広がりますよ~
行きは少し待って頂きましたが、帰りは、160個待ちでしたので、さすがに退散。
んじゃ、ということで寄ったお店でのランチ、「牡蠣ミニ会席」のお品たち。
d0125208_10535372.jpg

素材そのものもおいしいですが、一手間掛けたお料理も良いです~。バジルソースでソテーしたものなんて、思わず顔がほころびました^^

さて、楽しみにしていた今回の旅行は、伊勢志摩の温泉宿。旅行の計画が大好きな旦那が取ってくれたのは、プチ離れ風のお部屋で、専用の庭があり、そこにこじんまりした露天プロがありました。
大浴場も広く、露天もあり、また、別に貸切露天風呂も。どちらも山に囲まれ、そして遠く海が見える絶景で、しかも温泉は美肌効果ありですから、嬉しいったら^^ 
d0125208_10561242.jpg

・・娘ちゃんも大きくなり、温泉に行っても一人で男湯に浸かるのが物寂しいという旦那は、貸切風呂が良さそうな宿や、露天風呂付きの部屋を取るようになりました。
・・・そして、そのおかげで、旅行の回数がぐっと減りました;>う~ん、どっちがいい??
疲れがたまるお年頃になった私は、旅先では、エステへ。うふ。>無駄だといわれますが、気持ちよいからいいのですっ。

そして、我が家の旅行は「まったり」ではなく、たっぷり遊ぶ派。
海を見下ろす最高のロケーションで、ナイスショット!
d0125208_1110113.jpg

2時間以上、白熱したグランドゴルフ^^
でも、いいコースだったんですよ~
d0125208_11103313.jpg

あーーーー楽しかった。
またがんばろっ!
d0125208_11152457.jpg

[PR]
by mikasselection | 2009-02-23 11:16 | 富田正・正祥窯 | Comments(14)

お椀の話

先ほど、ちょっと部屋の片づけをしたら、すごくすっきり。気持ちいい~^^
でも、これ、在庫がなくなってきているという現実を物語っておりますー。う~~~ん・・・

今後の予定は、
2月末に年末以来消えている古谷浩一さんから優しい粉引きの器たちが、、
それから、堂本正樹さんから、花紋シリーズ、輪花シリーズが焼きあがる予定で、、
それから、それから、初の女性作家さんからも、、、ど~かな~~
そして、、、
岡崎勉さんも。
「どーなるか、わからへんでぇ~」
と言いつつも、
「もーちょっとかかるけど、焼くわな。」
「よかった~。楽しみにお待ちの方がいっぱいいらっしゃいますからね~」
「ほんまかいな。」
「ほんとですよ!」
ってな会話を今朝^^

それから、日野のお椀のお話です。
こちらは、陶器よりもさらにゆっくり、少しずつしか出来上がってこない作品達です。
すぐにお届けできない作品たちです。どうぞ、お時間に余裕をもってご連絡下さいませ~

先日、北川さんの陶房へお邪魔すると、
d0125208_15114914.jpg

珍しく、こんなにいっぱい!少し持ち帰れないかと思っていると、
「明日納品やねん」
ちぇ~~。いつものとおり、棚のほうは、ガラーン
d0125208_15152944.jpg

先日、ご注文いただいたのは、岐阜県の方。なんでも、お子様の幼稚園で使われているとのこと。
日野町の幼稚園で使われていることは聞いていましたが、他県の幼稚園まで広がっているとは初耳!
北川さんによれば、やっぱり、園児の食事風景が落ち着いたとのことで、先生達にも好評なんだそうです。

北川さん、
「高いものやから、一生モンのつもりでこうてもらってるやんか。だから、ちゃんとケアしますよ。」
と、先日、『食洗機を使っていたら、色が落ちてしまった!!』という作品の塗り直しをして下さいました。
食洗機は使っていただいても大丈夫なんですが、洗剤にご注意!です。
研磨剤が入ったものは、まずいです。お確かめくださいね。
また、木、そのものが割れてしまった場合は、そこから水が入って漆は剥げてしまいます。
これは塗り直しできません・・。

北川さんの「一生物」の心意気、嬉しい限りです。何かあれば、ご相談くださいね~

家の娘ちゃん。少し前、「はねるのトびら」の『ほぼ100円ショップ』に登場していた木のスプーンを見て、
「あれは、100円ちがうで!だって、漆やん。漆、塗ってあるし~」
と。見ていると、ホントに高級品でした。アッパレ!^^

そんな彼女が昨日履いて帰ってきたのは、、、
d0125208_1532037.jpg

ま、でも、泥ですから、すぐに綺麗になりました^^
d0125208_15322732.jpg

・・・でもねー、穴、発見!
[PR]
by mikasselection | 2009-02-19 15:38 | 荒木義隆 | Comments(4)

信楽の散歩道

滋賀もしばらく暖かい日が続きましたが、今日は、、降ってる、降ってる!
「雪だよ~」
の一言で飛び起きていた娘ちゃん。長靴とスキー用手袋で張り切って登校しました。
この分だと、お昼休みもたっぷり雪で遊べることでしょう。
・・・私は辛いですけどねぇ

さて、先日、お天気の良い日に大好きな山道を通って藤本陶房へ。
d0125208_1056367.jpg

沢の水かさが増しています。こんなときは、、、
d0125208_1057010.jpg

橋を渡ります。
お天気の良いお昼時でしたが、まだ、氷が残っていました。
d0125208_10574182.jpg

残っているといえば、、、何の足跡?
d0125208_10581297.jpg

こちらにも。「犬ちがう?散歩してるひと、いてはるから」
というのだけど、、そう??
d0125208_1059459.jpg

陶房では、酒器を拝見。少しですが、アップしました~
d0125208_1102642.jpg

贅沢なお家晩酌、いかがです?
[PR]
by mikasselection | 2009-02-17 11:02 | Comments(3)

甲賀で異文化体験!

昨日は、甲賀市国際交流協会主催の「国際交流フェスタ」の日でした。
私は在米中、国際交流関連の事業やイベントでたくさん良い経験をさせてもらいました。
だから、日本では在日外国人の方々に、その恩返しをしたいと常々思っておりますー。しかしながら、なかなか、実現できません。

今回も、まったくお役に立てませんでしたけど、、、、、、
でも、私自身は、ちょっとした国際交流の出来た日で、楽しい時間を過ごしました。
まず、私が楽しみにしているのは、食べ物。
甲賀在住の外国人の方々が、自前で自国のお料理を持ち寄り、販売。
これが、どれもこれも、うまいんだな~~~~
d0125208_1058422.jpg

私はフィンランドブースでお手伝い。お隣は中国チーム。
私の知っている中国人の人たちって、とにかく、お料理上手なんですよね。今回出品されていた「豚マン」も、全部手作り。
そんなでっかい蒸し器、個人宅で使ってるんですか~??
「そうですよ~。お料理は上手じゃないですけど、でも、全部つくります。中国人は食べることをとても大切に考えます。お昼ご飯も、必ず温かいものを食べたいと思います。そうすると、体が元気になりますから。男性も、お料理します。」
農薬が怖いから、中国野菜や冷凍食品からは遠のいている私ですが、個人レベルでは、中国の人たちの食べる意欲というのか、食文化って、本当は尊敬すべきものなんですよねー。なんだか、悲しいギャップです。

ブラジルブースのホットドック。ポテトサラダが乗ってるみたい。
これは、ポテトピューレとキャベツの千切りのブラジル風サラダだそう。

台湾レディースは、お粥。おいしいんだな~。でも、私の作るお粥とは別物。
鶏がらをしっかり煮込むらしいですが、あとは、日本のお米と粉末のだしの素が使ってあるらしい。ザーサイと台湾風味のソーセージがまたいいポイントなのかな~。

ステージでのプログラムもよかったですよ!
d0125208_11164445.jpg

日本南京玉簾協会による『南京玉簾』。ご当地ネタが盛りだくさんで、楽しませて頂きました。たぶん、どこで行っても、それなりにご当地ネタに変身させられるんでしょう。なかなか業師^^

ブラジルの武道舞踊というのか、「カポエラ」というもの。かっこいいです。
同時に開催された、小学生対象の「世界まなび塾」の教室では、世界の民族衣装について楽しく学び、その後、その衣装をまとってファッションショー。ステージで、「せかいはひとつ」の歌も歌いました。
そして、ブラジルの子ども達による、サンバでフィナーレ。

市民参加の交流会で、とてもいいかんじ。
ただ、ホントに片言の言葉も通じないというのは、大変だなぁ、、、とつくづく感じましたー。
ヒューストンでもいっぱい言葉の壁はありましたが、ダレとでも、どうにかこうにか、カタコトの英語でなんとかなったものです。漢字を書いて、なんとなく通じ合うことが出来る場合もあります。けど、どうにもならない言語もあるものねー。
さぞかし、暮らしにくい思いをしながら、暮らしている人たちもいるだろうなぁーと思いました。
[PR]
by mikasselection | 2009-02-16 11:35 | 富田正・正祥窯 | Comments(4)

清さんっ!

昨日は、ずっと楽しみに、、待ち焦がれて、待ち焦がれていたお出掛けの日でした。
それはね、、、、、
d0125208_15305030.jpg

「山下清」展!
伊丹市立美術館で今月22日まで開かれています。

「山下清、放浪の軌跡」。
もぉ~~~~素晴らしく内容の濃い展示会でした。
大感激!!未だ興奮覚めやらず。

冒頭、「メディアによって取り上げられている姿は、本当の山下清とは異なる姿。ここでは、先入観を捨ててみて下さい」というような説明がありましたが、見ていくほどに、、、、、、裸の大将でした^^
買ってきた画集よりチラリと作品をご紹介。
d0125208_15354919.jpg

学園で貼り絵を始めたときの作品。友達が居なかったころ、熱心に昆虫を観察していたんだそうです。単純な線でできた絵ですが、なんか、あったかなんですよね~~
d0125208_15373077.jpg

「友達」と名付けられた作品。折り紙だけじゃなくて、切手が使われています。
私の勝手な解釈ですが、山下清は、あまり個々の人物には感心がなかったんではないだろうかと、、作品を見ていると思われたのです。どの作品も、人の姿は登場していても特徴がない。そんななかで、これはちょっと珍しいな、というような人物との距離感を感じる作品でした。
d0125208_1543030.jpg

清さん、自画像。後に出会ったゴッホの自画像と自分の作品とを比較して、似ているところや違う部分を語っていた文章が面白かったです。髪の毛部分の貼り絵が素晴らしくて、ほんとにイガイガしています^^
d0125208_15443769.jpg

本物はもっとうんと色鮮やかでした。これは油絵。
d0125208_1546078.jpg

こちらはヨーロッパの風景。水彩画です。フィエルトペン作品もたくさんあったのですが、シンプルなラインがとても気持ちよい作品たちでした。

貼り絵による豊かな色彩も鑑賞するには、本当に素晴らしい作品たちでしたが、色の少ない水彩画や、白黒版画であった東海道五十三次の風景画も、繊細な真っ直ぐな線で書かれたシンプルさのなかからも、なんだか溢れんばかりの温かさがあって、ほんとに素晴らしいものでした。

なんといっても嬉しかったのは、作品の横に「放浪日記」からの抜粋と思われる文面が紹介してあったことです。読みながら、思わず笑ってしまう楽しいエピソードが詰まってましたよ。
例えば、、
「俺は太っているけど、力は弱いから 男と腕相撲をするとすぐに負けてしまう 負けてしまうと嫌な気持ちになるからいつも弱そうな女と腕相撲をする」
実際はもっと面白い文章なんですが。。
「お茶をくださいといったら ルンペンにお茶は贅沢だから水にしろと言われ 水はお腹を壊すからよくないといったら 怒っていたけど 結局はお湯をくれた」
「私は山下清に毛が生えたようなもんですという人がいたから 驚いて どこにどう毛が生えたらあなたになってしまうのかと尋ねたら 周りの人がどっと笑った」
文章には、「、」や「○」がないんです。それも
「話しているときには点やマルとはいわないんだな かっこ ともいわないんだな」
とか。 ほ~ら、芦屋雁之助が浮かんでくるでしょ?!^^

旅をともにしたリュックの展示もあったんですよ。
持ち物のなかには、
「石ころ5つ。護身用であったと思われる」
との記載がありました^^

そんなわけで、見所いっぱいで、めちゃめちゃよかったです!!!
[PR]
by mikasselection | 2009-02-12 16:06 | 富田正・正祥窯 | Comments(4)

美味しい紅茶

昨日、谷寛窯でおいし~~~~~~い紅茶を頂きました。
d0125208_7431170.jpg

写真が暗くて、申し訳ないですっ!
でもでも、とにもかくにも濃厚な香りにクラクラしちゃうような紅茶だったんです。
「うわっ。おいしーーーーー!」と半ば叫びつつ、、
d0125208_7443060.jpg

空っぽ。
奥さまと芳山先生が、
「器マジックやねんで~」
ってニコニコ。
このカップには、紅茶を美味しくする要素がたっぷり詰め込まれているそうです。

まず、驚くほど気持ちよかった、口当たり。
器の口部分がうす~くなってて、そして、微妙に外に向いているので、唇がすぅ~っと
気持ちよく離れます。
それから、
外側にたっぷりと流れるような釉薬が掛かっていますが、内側は焼締めになってます。
芳山先生のお薦めポイントはそれ。
「焼締めはゼッタイ飲みもんを数倍うまくする」
と。
更に、紅茶の色を深く見せるために、底部分に緋色が入っています。
これで、見た目がぐっとおいしそうになっているようです。

さて、今月15日まで陶房ギャラリーのほうで、「如月」と称して先生の新作が展示されています。地図などはこちらを「谷寛窯
d0125208_7535046.jpg

d0125208_754175.jpg

私はこの艶やかな釉薬のかかったコーヒー、デミダス、ティーカップ達に首っ丈でした^^ 
なんて、贅沢な風貌。美しい。
d0125208_7573838.jpg

これらの艶々釉薬、昔大量に生産されていた信楽の火鉢の釉薬「海鼠釉」が元になっているんだそうです。
d0125208_80378.jpg

谷寛窯に残る古い釉薬の要素を4分解して生まれ変わった釉薬でできた今回の新作たち。
また、土は、3代前から残っている土を使っているとのこと。
「全部信楽産やねん」
と。(カップ&ソーサー・一客のお値段は5250円。ご希望があれば、お送りすることできますので、メールでご連絡くださいね。)
d0125208_883181.jpg

釉薬を使い分けて、7寸のプレートに「宇宙」を表現。漆喰の宇宙に浮かぶ地球・・・
「こないだこれにサーモンカルパッチョを盛ったら、ぴったしやったわ~」
と、奥様。そうでしょうね~~~~^^
d0125208_2145443.jpg

こんな掛け分けの美しい汲出しも素敵でした。
自分のためのぜいたく品たちです。でも、美術品ともいえるような作品を、日常生活に使えるのも陶器の醍醐味ですよね。紅茶カップ、よかったなぁ~~~~
[PR]
by mikasselection | 2009-02-11 08:09 | 荒木義隆 | Comments(2)

鬼と粕汁

節分を越え、なんだか「春」近し!ですね。気分は意味も無く華やぐ!

一昨日の夜、ご飯を終えてから、旦那がお面を付けて登場。
娘ちゃん、思うツボ。
ぎゃ~~~~~!!
叫びながら、私に飛びついてきた^^
面白くて、悪乗り。
お隣さんへ、ピンポ~ン!
ドアを開けてくれた、妹ちゃんが、
「ぎゃっ!」
・・・でも、続いて「鬼」が出てきた^^ お隣のママちゃん、同じことを考えてた!
d0125208_10222671.jpg

鬼になりそびれた私は、昨日、帰宅した娘をお面を付けて出迎えたら(・・しつこい?)、
やっぱり、驚いてくれて、、、でも、
「もぉーー、今はそんな気分じゃないのっ!」
って叱られました;

そんな節分の日は、巻き寿司を無視して、粕汁!
先回、私の初・粕汁は、イマイチで、そのリベンジ。
いくつかレシピを見て、おいしそうなものを選んで、ちゃんとレシピどおりに作ってみました。
今度は、おいしかったです!
白味噌を隠し味に入れるとよいんですね~~。>えっ?!常識?
そんなわけで、昨日のお昼は、ホカホカランチに。
d0125208_10173086.jpg

粕汁、2杯頂き、お腹パンパンでした。
[PR]
by mikasselection | 2009-02-05 10:24 | 今井美奈 | Comments(6)

出たっ!

昨日は堂本正樹さんと奥田章さんの陶房にお邪魔しました。
堂本さんが例のお店に行かれたというニュースをこちらで発見し、私もやっと立ち寄ることができたので、その報告をしたり^^
試作品をおねだりしたり^^

そして、奥田さんの陶房では、タイミングよく、窯を開けるところに遭遇。
d0125208_1558239.jpg

綺麗に並んだ作品達!父親譲りの几帳面な窯詰めなんだそうです。
窯を開けたときがドキドキの瞬間。今回の焼き上がりは、
「おっ!今回、全部成功ちゃうか~!えぇで~」
とのこと。私の注文分も、楽しみにしていた新しい作品も、無事に焼き上がっていました~
でも、アツアツホカホカ状態ですので、このまま撥水剤につけるわけにはいきませぬ。
来週の楽しみに・・・

で、その前に焼きあがっていたものを持ち帰り、また干しました^^
d0125208_162314.jpg

ということで、ちょっと再入荷がありますので、ご覧くださいね~。
堂本さんの器にご予約いただいていた方々には、本日より、順々に発送しております。
楽しみにお待ちください~!!

この日は、9時半ごろ家を出て、帰宅が2時近く。
車の中でお腹がグーグー鳴ってました^^;
ですので、部屋に着くなり、前日の残りを温めなおして、、、
立ち食いではなく、器が使いたかったばっかりに、ちゃんと盛り付けました!
d0125208_1652265.jpg

・・でも、食い意地の方が張っていて、温めなおしが甘かったっ。
所々ひんやりとしていたニョッキちゃん・・;
・・・・・写真を見れば一目瞭然ですなぁ。トマトソースが固まってる~~~~っ
[PR]
by mikasselection | 2009-02-03 16:10 | 荒木義隆 | Comments(8)