Hi! from Shiga

mikas.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ゴールデンウィークの陶器祭

あっという間に秒読みに入りました!
「第二回、信楽Ceramic Fair in 陶芸の森」
5月2日~5日まで、朝9時から夕方5時まで、信楽陶芸の森にて開催されます!

そろそろ、私のお店の宣伝しなくちゃっ^^
d0125208_16192228.jpg

粉引きの器に合わせたくて作ってもらったレース編みのコースターと、ティーマット。
ラオスの職人さんによる手彫りのカトラリー、トレー。
そして、それらを磨くための超自然派ワックス「蜜蝋ワックス」。
蜜蝋ワックスは、お隣、三重県の小林さんが作ってます。木のカトラリー、可愛いけれど、
陶器に合わせて使っていると、傷がついちゃうし、パサパサになってしまう。。
そこで、メインテナンスできる技を探し出しました!
お試しサイズを分けていただけたので、使ってみてください~

それから、日野椀です!天然木に本物の漆だけが5,6回塗られている伝統工芸品です。
でも、日常に酷使していただけるものです。食洗器OK!
作家・北川さんに仕込まれたウンチク、お聞かせいたしますから、お寄り下さいませ~

そして、メインは、岡崎勉さんの陶器です。
d0125208_1633857.jpg

私のウェブショップで大人気のぽってり粉引き。
でも、これだけじゃなくて、是非見ていただきたいのは、岡崎さんの黒釉と灰釉の作品です。
d0125208_16344964.jpg

お料理が栄えること間違いなし。とっても素朴でのんびりした雰囲気が良いのですよ。
パソコン上でどうしても伝えられない色と質感を是非、手に取っていただきたいです~

でもね、、、、まだ並べるもの、そろってないんです;
今日は岡崎さんのところで一緒に作業していたのですが、、、
朝から素焼き。1日朝に本焼きが終わって出てくるものと、2日の夜に
焼きあがるものが。。。。

4月末に焼きあがる予定でご予約いただいているお客様にも、発送できないままで
申し訳ありません!!
岡崎さんのお尻に火を付けて、せっせと進めて頂いてますので、今しばらくお待ち下さいませ。

そして、あたしも、、陶器祭最中までバタバタが続きそうです・・!

そうだ、ブログにコメントいただいています富田さまは、料亭でも使われている素敵な器を
作られている作家さんの奥様。ご主人富田正さんはこちらです~
d0125208_1647946.jpg

作家さんたちのなかには、陶器祭をピクニック気分で楽しまれている方も。
d0125208_16485637.jpg

昼間っから、うぃ~っく!・・・値切りやすいかも?!
[PR]
by mikasselection | 2008-04-28 16:52 | 荒木義隆 | Comments(12)

信楽陶器祭 2008!

GW突入と言っても良い週末でしょうか?!
「信楽 Ceramic Fair in 陶芸の森」情報、その3です。
GWの信楽陶器祭は、2箇所で行われます。
一つは、信楽駅前。
もう一つは、信楽陶芸の森

さて、陶芸の森のテント郡は、駅前のような安売り市的な雰囲気とは、ちょっと違うので、
訪れるお客様によっては、
「なんや、ちっとも安無いやんけ」
とぼやいている方もいらっしゃいます。
反対に、
「駅前よりいいもんがいっぱい!」
と歓声を上げている方もいらっしゃいます。

今年も主催者として頑張っておられる奥田章さんはおっしゃいます。
「全国どこの陶器売り出しイベントよりも、このイベントを品格、品質ともに、
一番魅力あるイベントに成長させたいんです。ちょっとたいそうな言い方ですが・・・」

さて、どんなものが並んでいるのかと言うと、、、
去年のテントの模様です~
d0125208_703857.jpg

信楽焼といえば、この焼締め。信楽の粘土でつくられた器を薪窯でじっくり焼く。
赤松の灰が彩る自然釉を楽しめる器を思い浮かべる方もいらっしゃることでしょう。
渋いベテラン作家さんたちの作品も気軽に手にとって眺められます。
d0125208_73444.jpg

そして、もう一つ、信楽焼といえば、タヌキ。このイメージの方もいらっしゃることでしょう。
タヌキもありますよ^^ 意外にも、タヌキにも表情の違いがあります。
よく見てタイプのタヌキを探してくださいね。他に陶人形もいろいろ。
d0125208_744884.jpg

でも、実は、現在の信楽焼は、多様な種類の器が楽しめます。
モダンでスタイリッシュな作品もたくさん。
でも、どれも信楽らしい、土味が生きてて、ほんとに優しげです。
上の写真は、安見さんの器、そして、テーブルコーディネイターの才能も発揮された
村上直子さん、青い絵つけが特徴の壷久郎窯、ほんわか優しい絵付けの八風窯さん。
d0125208_7481026.jpg

また、変ったモノを見つける楽しみも。
いつも不思議なものが並ぶのっぽさん風の方のテント。後ろに見えるガマグチも
ダンボール箱も全部陶器なんですよ。
また、信楽の土は通気性があるため、水がめに適していたそうで、お酒がまろやかに
なるとか、植木鉢にも良いとか。そんな話も作り手さんに聞いてみたら、楽しいと思いますよ。

こんなにいろんな作品、そして、個性たっぷりの作り手さんに出会える
陶芸の森広場です。

第二回、信楽 Ceramic Fair in 陶芸の森は、5月2日~5月5日の4日間。
Openは朝9時です! 
周辺道路が混み合うことが予想されます。それだけが、難点ですが、
是非、遊びに来てくださいませ~

私も陶芸の森のほうに参加いたします。Mika's Selectionです。どうぞ、よろしく~!
[PR]
by mikasselection | 2008-04-27 08:29 | 荒木義隆 | Comments(8)

信楽 Ceramic Fair in 陶芸の森 2008!

GWの陶器祭に向けて、今日も陶器祭情報ですよ~
器ショップ、Mika's Selectionでお世話になっている作家さんたちも
揃って出店されます。たくさんのテントの中でも、際立っている方々です。
2007年春と、2007年秋のテントの様子をチラ見せです~

奥田章さんの文吾郎窯。シックな店構えです。
d0125208_23422357.jpg

隙無く、完璧に整えられた空間です。
「奥田さんのブースは、きっと、値切りにくいですよね?」
「そう思います?!それも狙いなんですが、やっぱり、買って帰ってくれた人が、
後から、ただ『陶器祭で買うたもん』と思い出すだけじゃなく、『文吾郎窯ってところで買うた』
って、ちょっとでも作り手から買うたことを思い出してくれたらいいな~と思って。」
「なるほど~。それで、テントの中にしっかり文吾郎スペースを表現してるんですね~」

竹口要さんのブース。秋の陶器祭では、展示のうまいブースに賞が贈られます。
竹口さんはベスト3の常連さんです。器たちをすっきりアートっぽく見せてます。
d0125208_23481026.jpg

実は、今日、ホームセンターでばったり!板を吟味されていた竹口さんです。
何かPRあれば、載せますよ~と言ったところ、
「そ~ですねぇ。今回もまた試作品を出して、評判を見てみたいと思ってます。
そちらの方は、お値打ちな価格設定を考えてますので、是非どうぞ!ってことですね」
だそうです。
おニューな器たち、多くの人の手に取られたならば、近く世に出ることになります。
皆さま、品定めを、よろしく~です!

展示優秀賞といえば、藤本秀さんです。野趣あふれる独特の世界を魅せてくれます。
d0125208_23551860.jpg

焼締めの魅力については、是非、現場で見て、触って、そして聞いて確かめてください。
ウンチクを聞けば聞くほど、奥が深く、その哲学的な魅力のトリコになるはず。
普段、人里離れた山小屋でモクモクと作陶を続ける藤本さんは、祭の数日間で
一年分のおしゃべりをしているかのようです。
藤本さんのこだわりを、是非、聞いてみてください!

山本泰三さんのブースです。皆さん、名前と、そして渋めの作品から「おっちゃん」を
想像していませんか?綺麗な人なんですよ~
d0125208_012339.jpg

ポットはいつも人気が高いようですから、狙っている方はお早めに。
お店で買うよりお値打ちになっている可能性も大有りです^^

福田英明さんの草土ギャラリー。昨年秋は、私が店番してました。
「先生なら、もっとまけてくれるのに」と言われて困りましたが。。。
d0125208_062290.jpg

ステンレスのカトラリー、きっと目を惹くはずです。そのほか、タイへ出掛けるのが
好きな福田さん。現地の職人さんたちとのコラボ作品も幾つかあります。
「日本でこれを扱ってるのは、うちだけや」
と言うオリジナル、タイ雑貨がうまく福田さんの作品と合わせてありますよ。

と、まずは、ご贔屓な作家さんのブース紹介でした~
まだまだ続きますよ!
・・・なんちっても、自分のお店の宣伝してないしっ
[PR]
by mikasselection | 2008-04-23 00:13 | 荒木義隆 | Comments(6)

信楽陶器祭 2008年春!

さて、「信楽陶器祭・春」のご案内です!

信楽には、陶器祭が年に2度あります。
体育の日の週末3日間と、そして、春・ゴールデンウィークです。

ゴールデンウィークが始まると、信楽駅の周辺で卸問屋さん、小売店さんが
安売り市を始められます。信楽名産物の飲食店も並びますので、
駅前は、縁日のようなに賑やかな雰囲気に一変するはずです。

しか~し、目玉は、5月2日~5日 信楽陶芸の森で開催される
「信楽 Ceramic Fair in 陶芸の森」 でしょう!

こちらは、大安売り市ではありませんが、普段お客様の前に顔を出さない作家さんが
作品を並べて大集合です。
陶芸の森に作家さんが集合するのは、今年で2回目です。
まずは、去年の様子からご覧下さいませ~
d0125208_01782.jpg

d0125208_0172121.jpg

d0125208_0173272.jpg

ひろ~い芝生の広場に、テントがずらり。
陶器市は全国各地で行われますが、会場の素晴らしさでいえば、
この「信楽 Ceramic Fair in 陶芸の森」は、かなり上位なのでは?!
高台にあるこの広場、開放感がよいのです。

秋より歴史が浅いので、秋の陶器祭よりはテントが少ない春です。
秋は、こんな感じでしたね。
d0125208_020565.jpg


今回は、ちょっとテントの並びが変わります。
先日、テントの場所決めのくじ引き大会がありましたよ。
私も初出店ですから、ドキドキしながら行ってきました。
・・・とはいえ、どの場所だったらGOODで、どの場所だったら、がっかりすべきかわかりませんが。。
竹口要さんいわく
「あのくじ引きだけは、人に頼まず、ゼッタイ自分で行って引くんですよ。
じゃないと、なんか悔いが残りそうで。」
「へぇー。どんな場所だったら悔いが残らないんですか?」
「・・ん~、まぁ、友達の近くとか」
「・・・・・・。」
そういう意味では、私の場所は結構嬉しいかも^^

ゴールデンウィークだし、、、
子どもを連れて行くのは、可哀想、、、、とお考えのあなた!
広場に遊具はありませんが、子ども達は、元気いっぱい遊んでますよ^^
d0125208_0303080.jpg

d0125208_0304745.jpg

ダンボールでズルズル、、そして、池でヤモリと戯れたり。
基本的に出展中の作家さんの子ども達は連日広場に放し飼いですから^^

場所は、こちらでご確認くださいませ~MAP
とにかく、新名神「信楽インター」で降りて307号を5分ほど走れば到着です!

では、陶器祭情報は、明日に続くです。
[PR]
by mikasselection | 2008-04-22 00:39 | 荒木義隆 | Comments(2)

Trip to 天王寺!

今日は奈良まで車で行き、そこから電車に乗って天王寺へ。
ほんとは、造幣局の桜を見に行こうと思ったのですが、天王寺辺りで3人とも
お腹がぺこぺこになり、途中下車してみたら、面白そうで、そのままそこが
目的地となったのです。
まずは、お好み焼きを食べて、駅前をぶらついてみると、動物園が。
わーい!と思って入ってみたら、これが、期待以上に楽しい場所でした。

私が太鼓判を押したいのは、シロクマくん。
丁度餌の時間に通りかかったのですが、大きな鯉のような魚をもらってました。
それも、生!
ピチピチしているものを、飼育係さんが、ポ~ンと水に投げる。
すると、シロクマくん、どどーっと走って、そのままダイブ!
豪快に腹打ちの姿勢で、ザバーン!と飛び込み、ガッと魚を捕まえて、ガツガツ。
d0125208_0311032.jpg

あんな威勢の良いシロクマくんは初めて!思わず歓声を上げました^^

それから、サバンナコーナー。
d0125208_0325745.jpg

動物達が広い草原にいるような錯覚を味わえる、うまい構図でした。
実際、草食動物コーナーは、結構なスペースがあって、シマウマくんは元気に
走り回っており、大変気持ちの良いスペースでした。

あと、娘は、鳥の楽園コーナーがいたくお気に入りでした。
なぜなら、鳥たちがとても幸せに見える場所だからだそうです。

そう。この動物園、動物達の生息スペースに工夫がある場所が幾つもあって、
そんな場所にいる動物達は、結構、生き生き楽しそうでした。
まったく期待せずに入ったのですが、園内はかなり広いし、なかなか楽しかった!

そのあとは、新世界へ行ってみましたよ~
d0125208_0392053.jpg

たこ焼きと串カツを食べて、めちゃめちゃ満足~
生まれて初めて大阪を楽しんだ気分です。
いいところじゃないか!うん。また、遊びに行ってみよう~
[PR]
by mikasselection | 2008-04-20 00:46 | 富田正・正祥窯 | Comments(4)

やっと更新です~

あちらこちらで、ちょこちょこ「おぉっ!」と思った器を集めていたのですが、
集め方が、あまりに“ちょこちょこ”で、どーやってアップしようか、、と思い悩んでいるうちに
4月も半ばになってしまいました~~~
すみませんー。長いこと代わり映えの無いサイトで・・・、、
にもかかわらず、覗いてくださる皆様に感謝ですー。ありがとう~~!!

というわけで、先ほど何とか数点アップしましたよ。
d0125208_15212734.jpg

先日、仕入れて間もないこのカップで、桜茶と鶯きなこの葛餅を。
すでに、時期が危うい?!
桜ったら、春になった??と思ったら一気に咲いて、あっという間に散ってゆく。
なんと潔いことか。

それにしても、先人達の食欲と、季節を愛でる心意気は、素晴らしい。
桜の花を塩漬けにしようとは!
それに、鶯きなこの綺麗な色ったら!
お茶を飲みながら、やけに感動しました^^

それから、岡崎さん、竹口さんの「おっ?!」と思うような器もありますので、
のぞいてみてくださいね。

そんな中、山本泰三さんの器がなかなか増えなくて、ファンの方、すみません!
注文は入れてあるんです。4月末から徐々に入ってくると思いますので、
どうぞ、気長にお待ち下さいませ。
なんせ、信楽、イベント続きな上に、山本さん、藤本さんは個展が近かったりで、
なかなか忙しそうです。

で、ちょっと一息・・・
d0125208_15192585.jpg

もたもたしてたら溶け出した!いやぁ、今日は良い陽気ですね。
こちらのカップは、谷寛窯より。
茶托も可愛くない?!どう?どう?
[PR]
by mikasselection | 2008-04-15 15:35 | 荒木義隆 | Comments(2)

神戸トリップとMiho Museum

今日は、新しい器たちの写真撮影をしなくちゃ!と思っているのに、お天気がすぐれず・・・
ですので、まずは、週末楽しかったことをブログに記録しましょう。

土曜日、朝9時ごろの電車に乗って、神戸へ!
ご近所で英語教室を開いているMariさんと4年生のNaoちゃんと一緒に、
それぞれパパを置いて、出発です。

私は、教室で使用する教材やクラフト材料を主に「The Foreign Buyers' Club」のHPでお買い物しています。
楽しいものがたくさん揃っているのですが、この日は、その通称・FBCのオープンハウス。
イースターパーティがあるのです。
Mariさん親子を誘って、早々とチケットを購入し、ワクワクしておりました。

電車を幾つか乗り換えて、やっと到着した六甲アイランドのこじゃれた街。
早速、アメリカンなホットドックとハンバーガーを食べて、子ども達はパーティへ。
歌を歌って、ゲームを楽しんで。
小さい子向けのゲームが殆どでしたが、いちいちもらえるプレゼントがかわいいっ!
d0125208_10123856.jpg

その後も、木漏れ日揺れるお庭でReading Timeがあったり、クラフトができたり。
私もMariさんも教室で使うもののお買い物ができたし、ゲームやReadingは、
とても参考になったし、子ども達も英語に触れ合えたし、満足満足。
帰りは京都で下車して、夕ご飯。なが~い旅でしたが、楽しく終了しました^^/

そして、昨日は信楽の山奥にあるMIHO MUSEUMへ。
とにかく素晴らしい建物の美術館です。
ここは、山奥だというのに、ものすごく外国人と、専門家っぽいお客さんが多いのです。

とはいえ、有名なアーティストの作品が展示してあるというより、歴史的価値の高いものが
展示してあるところなので、まったく知識の無い私は、???。
前回も、虫眼鏡のようなものを取り出して
「おぉ~~~。これはすごい。こんなものは、初めて見た」
と感嘆の声を上げている人の後ろで、「なにが?なにが??」と覗いていた私です;

さて、今回は、娘が「子どものアトリエ」教室に興味を示したので、連れて行きました。
年に数回開かれるものです。(でも、学年別の教室なので、大抵参加できるのは一度)
アートについて学んだ後、それにちなんだクラフトができるというプログラム。
今回は、モザイク作りです。
これは、お得でしたよ~
なんちっても、通常入館料が大人1000円もするので、そうそう行けません。
それが、昨日は娘のクラフト材料費500円のみで、付き添いの我々も入館OK^^
d0125208_1033227.jpg

娘がワークショップに参加している2時間半、「なんでも鑑定団」の中島先生の
物まねをしながら、与謝野蕪村展や、常設されている古代美術品を見て回りました。

相変わらず多かった外国の方々。
「いったい、何故ここに?どこで情報を??」
と質問したくてしょうがなかったのですが、皆さんあまりに熱心に見入っておられたので
控えました。

そんなわけで、こんな私が言うのもなんですが、立派な美術館です。
信楽へお越しの際は、足を伸ばしてみてはいかがでしょう~?
[PR]
by mikasselection | 2008-04-14 10:49 | 富田正・正祥窯 | Comments(2)

信楽散策路

週末に行われた「信楽ACT」。
やっぱり、すっご~く楽しめたみたいですねーーー
ざ~んねーーーーん。
どんなイベントだったのか、自分で紹介できないので、他の方々のご報告で
楽しんでください!

奥田さんの器を早速ステキに使いこなされているNさまのブログ
滋賀近辺の情報収集家・くま先生のブログ

イベント全部が作家さんたちによる手作りで、電気を引いたり、会場の掃除をしたり、
かなり手が取られた、、、とのことでしたが、終わってからの皆様の表情は、
非常にすっきり!
みなさん、それぞれに楽しまれたようですね。

作家さんたちの間では、藤本秀さんの展示にかなり関心が集まったようです。
展示に向けた思いを綴ったものを読ませていただいたのですが、
ものすごく渋い。
さすがです。

ビーズラリーは、大好評だったようで、駆けつけるのが遅かった方は、手に入れられなかったようですね。そんなご報告もちらほらと。
Nさんやくま先生の写真で拝見すると、以前、このブログでもご紹介した竹口さんの球が
かなり目立ちます。
ご本人曰く、、、
「5ミリの穴をってことだったんで、みんなあのくらいの大きさかと思ったんですがねぇ。
あれは、かなり目立って、かなり笑われましたー」
と。

さて、信楽。
次のビッグイベントは、GWの陶器祭。
作家さんも大忙し。
私も、、、、
d0125208_1515180.jpg

陶器に交えて、漆の魅力もお伝えしたいっ、、、のですが、
どーーーかなぁ

赤福前での福田英明さんのイベントが終了。
お土産の赤福を戴きながら奮闘記をお伺いしました。
d0125208_152041.jpg

同じようなお店が立ち並ぶ中、お客さんは「入るか、入らないか」を4秒で判断する、、
入ってもらうためには、、、、
なんて話を。いつも、いい勉強させてもらってます^^
[PR]
by mikasselection | 2008-04-10 15:32 | 荒木義隆 | Comments(2)

私の春休み

週末プラス2日間、帰省しておりました。
信楽ACTに間に合うように、日曜日、早くに戻ろうと思ってましたが、パパも私も風邪??
体調すぐれず、もたもたしていて、、、、行けず!!わ~ん、もったいなかった!
天気もよかったし、信楽の散策路、さぞ賑わっていただろうと思いますーー

しかしながら、地元で懐かしい面々に再会できたため、気分良し!の私です。

木曜日ーー朝早めに滋賀からコトコト電車で、2時間ちょっとかけて名古屋へ。
これ、すごーく旅気分が味わえる電車旅です。
d0125208_1540343.jpg

高級住宅街にあるデザイナーズハウスの友達宅へ。
「住み難くてもいいから、かっこいい家を」
ということで建てられた家らしく、ほんとにかっこいい。いろんな雑誌にも登場してました。
けど、すごい不思議なつくり!
友達は、「寒くて膀胱炎になった」と^^;

金曜日は、地元で、これまためっちゃ久しぶりに高校3年のときのクラスメートたちと。
思えば、20年前ですよぉー
卒業式の後、なんとなく別れ辛くて、延々一緒に過ごした春休み。
4月に入って、順々に上京してゆく友人たち・・・
夢に描いた大学生活の滑り出しはイマイチで、、、
最初の夏休みはみんな早々に戻ってきて、やっぱり一緒に過ごしたっけ。
「ひゃ~~~!ひさしぶりー!!」
で、怒涛のおしゃべり。頭の片隅に流れるは、「リンダ リンダ」^^

で、土曜日は、ほったらかしておいた娘へサービス。
大好きな「野外民族博物館・リトルワールド」!
最高のお天気のなか、園内の花々を眺めたり、食べたり!
d0125208_15512345.jpg

この日のヒットは、ラクレット!(写真左はインドカレー屋さんです)
フランス産のチーズですよ、と言うチーズの表面をあぶって、とろ~りとなった部分を
じゃがいもに掛けていただきます。
スイスで食べたという友達の話を聞いて以来、憧れていた食べ物です!
本場モノではないとはいえ、これでも十分^^

そして、いつも楽しませてもらうショー。
今回も、すばらしいっ。
d0125208_15535097.jpg

マッチョというより、脂肪??と疑わしかった大男ですが、重そうな球を操ってくれました。
そして、今回の目玉、「イリュージョン」!!
さすがに、これだけ舞台がちゃっちいと、舞台に仕掛けが無いのは一目瞭然。
この小さな籠に、大柄なロシアン女性が入ってます。(手が見えるでしょ?)
これって、すごい。
わたくしたち、大盛り上がり^^
あぁ、たのしかった!
お近くの方、是非一度お試し下さい、リトルワールド!

ということで、英気を養ったことだし、今年度もがんばりま~す!
[PR]
by mikasselection | 2008-04-07 16:04 | 富田正・正祥窯 | Comments(2)

Easter Party!

昨日は、自宅英語教室の子ども達とママ達とでイースターパーティを開きました。
去年、外で玉子探し、玉子レース、クラフトなどをしたのですが、突風が吹く寒空のため
すっかり盛り下がってしまいました。
ですので、今年は屋内で。
歌の披露と、ちょっとしたゲームと玉子探し、そして、クラフト。
ゆで卵と絵の具、インク&スタンプのセットを用意して、、、、、
d0125208_14492268.jpg

d0125208_1450751.jpg

インクや絵の具がたら~っと垂れてしまったり、玉子が割れたり、、
筆洗いの水が足らないとか、インクのセットアップが不十分だったとか、
私の反省点がいくつか、、、>< ごめんないっ
まぁ、でも、子ども達は一生懸命に取り組み、とても可愛かったです^^

それから、サンドウィッチを作ってランチタイム。
子ども達の間からは、
「今日は、ピーナッツバターじゃないよな?」
「もーあれは、いい」
と、いつかのピーナッツバター&ジェローサンドウィッチに対する批判の声がしつこく。。。。
「今日は、好きなパン、野菜、ハム、チーズを選んでね~」
d0125208_1455126.jpg

ママ達からも
「One or two?」
などの質問をしてもらい、子ども達も
「One」「More」
を答えたり。
d0125208_14564474.jpg


ところで、アメリカのサンドウィッチ屋さんで、サンドウィッチを注文することって、
簡単じゃあないんですよ。
選択肢が山のようにあるんです。パンの種類から始まって、
いちいちこちらの希望を聞いてくれるので、慣れないと大変。
メニューにあるサンドウィッチを選んでも、どのパンにする?トーストする?
マヨネーズはどうする?マスタードは?玉葱入れていい?
など等、次々質問がきますから。
・・・・・19歳、初めてのアメリカ旅行。NYKで、サンドウィッチ屋さんの列に並んで
結局何も買えずにスゴスゴ引き下がったときの屈辱感が甦りますー
[PR]
by mikasselection | 2008-04-02 15:11 | 奥田章 | Comments(6)