Hi! from Shiga

mikas.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

利き酒パーティ

土曜日の夜、焼締め作家の藤本さん一家と、お隣のMichikoさん一家を招いて
日本酒パーティでした。

陶器祭のとき、はるばる新潟から遊びに来てくれたMiyukiさんが
幻の銘酒「越乃寒梅」を2本と、Miyukiさんのお父さんお薦めの「越乃景虎」一本を
持って来てくれたので、普段安酒の旦那は大喜び。
「越乃寒梅」は、ほんとに香り豊かな美味しいお酒で、一人で飲むにはもったいない。
そのお酒を美味しくしてくれるのは、藤本さんの酒器なので、
では、ご本人と一緒に飲もう!と言う運びになったのです。

どーんとご馳走です!
d0125208_9204771.jpg

MariさんもMichikoさんもほんとにお料理上手!
Mariさんは、お重を2段
d0125208_9222688.jpg

Michikoさんは、子ども達の好きなメニューなど、トレイにいっぱい乗せて来てくれました。

さて、まずは、ぐい呑み選びから。
d0125208_920591.jpg

ぐい呑みで、お酒の味はものすごく変ります。
焼締めのぐい呑みは、お酒を注いだときの景色が素晴らしく、森林浴しているような気分に。
>大げさ?いやいや、ほんとなんですよ!

でも、飲み口の薄いぐい呑みも、なかなかなんです。
厳密に言えば、最初の一滴が、甘さを感じる舌先にあたるので、よりお酒の味を感じます。
>ほんと? ほんと、ほんと!

みんな、のむのむ!
Michikoさんの天然お嬢様キャラに、藤本さん大うけ。
で、夜中の1時半まで飲み続け、、、子ども達も1時半まで遊び続け、
そろそろまずいだろうと、お開きになりました。

恐らく子どもの足で歩いて25分くらいの距離にある藤本邸。
でも、飲む気満々で来てくれたので、帰りは、静まり返った真っ暗な中、
長靴姿の3人は、それぞれ懐中電気、Mariさんは風呂敷に包まれた大きなお重、
Naoちゃんはおもちゃがいっぱい詰まったリュック、
藤本さんは、妙なCDを持ち、楽しそうに帰って行かれました。

家の旦那は、その後、夜中に一度吐いたそうです。
娘は、そのままお昼12時のチャイムが鳴るまで眠り続けました。

そして、あとに残るは、空き瓶。
d0125208_932795.jpg

Miyukiさん、ありがと!マコジーのお酒のほうが美味しいと評判だったよ!
今度は一緒に飲みたいね^^
[PR]
by mikasselection | 2007-10-30 09:45 | 荒木義隆 | Comments(4)

岡崎勉さんの器たち

「料理の邪魔をせず、長く使える器」づくりを心情にしている
岡崎勉さんの器、小ぶりのものを中心に入荷です~
d0125208_11331786.jpg

d0125208_1133429.jpg

Mika's Selection

岡崎さんの器には、サインが入っていないんです。
岡崎さんご本人は、「手間が減っていいやろ」なんておっしゃるだけなのですが、
先日、ご本人の居ない間に、奥様から、
「いっつも、恥ずかしがって、適当なことしかこたえへんやろ。
サインをつけんことは、結構根性入れて通してることやねんで」
って。

「使いやすい器やな、って、使う人が器を気にいってくれたらええ。
俺の名前なんてどーでもいいやないか」

作家の名前が無くても、日常に溶け込んでいく。使う人の間で広がっていく、、、
そんな器を作りたい、という気持ちの表れなんだそうです。

陶器祭のとき、
「それは、岡崎さんと言う作家さんのものですよ」
と声をかけたら、
「え?!私、自然と、岡崎さんの器を集めちゃうみたい!」
と驚かれたお客様がいました。まさに!
お客様自身、
「私、相当この方の作品がすきなんですね~」
と驚かれていました。

岡崎さんの器、
なんだか、のんびりした気持ちになれる、、、そんな器ですよ。

秋の味覚と器たち~
d0125208_1158084.jpg

d0125208_11581241.jpg

さんまちゃん

d0125208_11583176.jpg

秋鮭。グリルしてワサビ醤油。
友人宅のプールサイド脇のBBQコンロでよく焼いてもらっていた懐かしい味~~~

d0125208_1213240.jpg

サトイモ! 隣のコロンと丸い器、これ、なんでしょう?
d0125208_122339.jpg

残りご飯を入れておいて、食べるときはそのままチン!いいでしょ?!

いつもたわんでいる岡崎さんの器。
民芸を学んだ岡崎さんだから?と思いきや、民芸の世界では、これはご法度らしいですね。
これも、兄弟弟子たちからも、「なんでや?」と半ば責められても、曲げない岡崎さん流なんだそうです。

そんな話を聞いて、益々愛着がわいた器たちなんです。どうぞ、ご覧下さいね!
[PR]
by mikasselection | 2007-10-29 12:10 | 荒木義隆 | Comments(2)

親子ミニ餅つき

昨日は授業参観日でした。授業は、「音楽」。子ども達、めっちゃかわいかったっ^^
d0125208_14241741.jpg

懐かしいでしょ、ピアニカ!>ホースから唾液が垂れて、気持ち悪いんですよねぇ~

参観授業のあとには、「親子活動」。体育館で、ミニ餅つき。
d0125208_14252210.jpg

缶コーヒーの空き缶に、蒸したもち米を頂き、ミニミニ杵でペタペタ。
おはぎのような硬めのお餅?ができました。
まぁ、楽しい体験でしたよ。

でも、何より、学校での普段の様子が見たいものです。休み時間、給食、掃除。
娘の話を聞いている限り、小学校生活もなかなか大変そうなんですから。
がんばってね~

最近の休日の写真達です。
d0125208_1437013.jpg

娘いわく、空とぶブランコ。日野町にあるキャンプ場、「グリムの森」にて。
キャンプしなくても遊びに行けますよ。
d0125208_14313428.jpg

d0125208_14331752.jpg

公園です。ごろごろごろごろ
d0125208_1433327.jpg

京都動物園。めちゃめちゃ「狭いっ!」と感じた動物園。でも、しっかり一日遊べました。

気持ちの良い季節。家族で遊べる週末、大好きっ
小学校の週休2日制、変らないで欲しいわぁー
[PR]
by mikasselection | 2007-10-25 14:49 | 今井美奈 | Comments(2)

焼締めのうつわ

信楽焼のなかの信楽焼といえば、赤松の薪で焼く、土味たっぷりの焼締めのうつわです。
藤本さんのぐい呑みを購入いただいたお客様から、木箱のリクエスト。
木箱は、別注文で、通常は、10日ほど時間を頂いて、その都度あつらえてもらっています。
d0125208_1541098.jpg

箱に入ると、益々かっこいいですね~

さて、藤本さんの陶房へ行くには、なかなか緊張する季節です。
d0125208_1549883.jpg

松茸山に指定されているので、うかうか歩いていると、怒られるそう。
マツタケ、あるのかなぁー
でも、昨日は、人より蛇がこわかった!!
いっぱい出たっ!
「トグロを巻いたやつには近寄らんように」
と言われていたので、ぐるぐる巻いたやつに出くわしたときは、飛んで逃げました。。。!!

で、陶房につくと、藤本さんとお弟子さん、作業中。
d0125208_15504653.jpg

d0125208_155108.jpg


少し前に窯焚きされたそうで、その時出てきた作品達の撥水加工中。
花器には、シリコンを流しいれ、水止め。
食器類は、昔ながらの方法で加工されています。

大なべに、お米ともち米をドロドロゆるゆるのお粥状にして、その中へ器をドボン。
沸騰する直前の90度ほどの温度で30分、煮るそうです。
だから、器たちは、手にしたその日から、すぐに使っていただけますよ。

私はたくさん並んでいる新しい作品を品定め~
大好きな時間です。
素敵な作品を、、またいつものごとく、ほんのちょっとですが、選んできました。
明日、アップできるかな。

ところで、焼締めのうつわ、食洗器を使ってもいいんでしょうか?
藤本さんの答えは、
「自分が使ったことないから、自信をもって、大丈夫とは言えヘン。
なーんか、あかんような気がするなぁ」
「なんでです?」
「汚れた水を回して洗うんやろ?汚れがついてしまいそうや」
「ふーむ。では、しばらく使い続けてみます」
ということになりました。
私は、今のところ、「綺麗になってる」と思うのですが、どうでしょうねー。
d0125208_1655455.jpg

[PR]
by mikasselection | 2007-10-24 16:04 | 荒木義隆 | Comments(4)

赤福とシフォンケーキ

赤福の内部調査がどんどん進んでいるようですねぇー。
東海三県のなかでもずば抜けたお土産力を持った老舗だったので、ちょっと残念。
ですが、冷凍、解凍で売っていたというNewsを聞いたときの、私の一声は、

「えっ?!冷凍すれば、あの美味しさが保てたの?!」

でした。
だって、あの一箱を買うのをためらったことのある人、多くありません?
時間とともに、どんどん美味しさが損なわれるんですもの。
12個、一気に食べられる自信が無くて、つい買い控えだった人も多いはず。
思い切って買っても、最後はお鍋で「おしるこ」に変身させていた方もいるはず。

最初から、冷凍すればいい、って教えてくれればよかったのにぃ。

昔話をすれば、、、
昔、HOUSTONのチャイナタウンで、カステラのようなものを買いました。
家にかえって、食べようとしたら、糸を引いたーーー
ぎゃー、と思って、引き返って、苦情を申し立てれば、
「別の物を持っていきなはれ」
と。で、見渡せど、どれが新しくて、どれが古いか分からない。
「賞味期限とか付いてないの?」
と不満気に聞くと、
「中国では、こんなスナックに対して賞味期限をつけたことは一度も無い」
と力強く一言。
「じゃあ、どうやって選べばいいのさ」
とくらいつけば、
「食べておかしかったら、また他のにかえてあげる」
と。

まぁ、赤福にしろ、白い恋人にせよ、お土産にするには、失礼のないものを買いたい。
ですから、このチャイナタウンの話とはまったく次元の違う話ですが、、

でも、思い起こせば、ヒューストンでの食生活はかなりチャレンジングだったなぁーと。
今は、お店もかなり変わっているし、何しろ、私達のヒューストン暮らしの出だしは、かなり
貧乏生活だったので、いろんな不都合があったわけで、、、勿論、アメリカ国内でも
安全に美味しい生活をしている人のほうが多いんですよっ

話は変り、先週、お隣のMichikoさんがシフォンケーキづくりを教えてくれました。
d0125208_9523567.jpg

ここにあるタマゴちゃん、Michikoさんお気に入りの「ウキウキたまご」です。
黄身がすごくしっかりしたタマゴでした。
どこで買うの?と聞けば、

「ウキウキ村」

という答え。
冗談かと思いきや、一宮にある青空市のようなところみたい。
美味しくて、いきのいい野菜やタマゴが手に入るみたいです。

シフォンケーキを焼く間、お昼ご飯までおよばれ。
d0125208_9561447.jpg

優しい味のトマトソースパスタとゴボウのサラダ。
このあとは、昨日焼いたというバナナのパウンドケーキも!!

Michikoさんの暮らしぶりは、とても丁寧なかんじがして、優雅です。
キッチンのものものはどれもお気に入りのようで、大切に使っている雰囲気だし、
小麦やタマゴの話でものすごくムキになるところが、かわいいし。
家族のために、手作りを、、っていうだけじゃなくて、環境にも優しいものがいっぱい。

こないだ外でランチをしたときも、
「よかったら、これ使って」
とマイ箸。私の分も持って来てくれてました。普段は家族分持って歩くみたい。

そして、心身ともに満たされたあと、出来上がったケーキは持ち帰らせてくれました。
娘とお茶した後、夕食後のデザートタイムもたっぷりたのしめました。
ふんわり美味しいシフォンケーキでした^^
d0125208_108378.jpg

[PR]
by mikasselection | 2007-10-23 10:13 | 鈴木史恵 | Comments(2)

ちょっといい景色@日野町

この週末、お隣の日野町の古い町並みで、街角ウォークの催しがありました。
日野町とは、日野商人発祥の地で、桟敷窓という独特の建築様式の民家が残っています。
古い家並みに惹かれていましたが、通常は普通の住居地なので、
なかなかブラブラ散歩に出かけられるところではありませぬ。
ですので、このイベント、「これは、良い機会!」と、3人でGO!
d0125208_23221980.jpg

d0125208_23223119.jpg


桟敷窓ってこんなものです。
d0125208_233677.jpg
d0125208_2331896.jpg

昔は、この窓から道行く祭の渡御を眺めながら、ご馳走を頂いていたらしいです。
お祭のご馳走は、「鯛そうめん」だったんですって。
この週末は、街の方々がお手製のこんなお弁当を振舞ってくれました。
d0125208_2351895.jpg

こんな山間の街で、「鯛?」と言う感じですが、これが、街の人々の心意気の
表れなんだそうです。
手に入れるのが難しい大切なもので、大切なお客人をもてなした、、ということだそうです。
この日の鯛そうめんも、とっても美味しかった!

日野商人は、京都の品々を江戸へ売り歩き、また、京都へ江戸土産を持ち帰っていたそう。
なかなか栄えていたらしいですよ。

さて、週末のイベント中は、古い家々を開放し、陶器や布、漆や骨董品が展示即売。
古民家、すてきっ!
d0125208_2373520.jpg

d0125208_2374712.jpg

d0125208_23133187.jpg
d0125208_23134293.jpg


また、日野商人の行商の商品の中には、地元の漆、「日野椀」も主力の一つだったそう。
時代とともに、一時は作り手が居なくなり、消えた存在だったそうですが、
今、再び復活し、新しい「日野椀」が登場。
素敵な漆のおわんを見つけましたよ~
あまりにかっこよくて、奮発です。家族3人、それぞれのお気に入りを購入してきました。
作家さんに製作過程を聞いて、ものすごく惹かれました。
今度、工房を見せてもらう約束を取り付けてきましたよ。
Mika’s Selection、漆も仲間入りするかな?!ワクワクです。
だって、すごくいいんです!
どうぞ、お楽しみに~^^

いろいろなイベントがあって、楽しい秋です。
まだまだこの辺りの町のこと、いろいろ知りたいので、存分にブラブラしようと思います^^
d0125208_23244418.jpg

[PR]
by mikasselection | 2007-10-21 23:32 | 富田正・正祥窯 | Comments(4)

登り窯でのExhibition

信楽の街には、窯がいっぱい点在しています。
なかでも、登り窯は、その殆どは現在では使われていないこともあり、
ノスタルジックな雰囲気をプンプンさせていて、古い歴史を感じ、しびれるとともに
ものすごく珍しいものを見ているような気分になります。
d0125208_9215855.jpg

これは、以前は火鉢などを焼いていた丸由製陶さんに残る大きな登り窯。

今月21日まで、こちらを会場に、小さな展示会が催されています。

ノルウェーから陶芸の森に短期研修に来ている Marita Isobel Solbergさんが
不思議な世界を表現しています。
d0125208_9254252.jpg

d0125208_9255429.jpg

思わず、
「どんなメッセージを吹き込んだものなの?」
と聞いてみた、オブジェたち。
「新しいIDが生まれる過程を表現した」
との答え。アイディと発音されていたんだけど、Ideaのことなのかな?
ヨーロッパのアクセントは、私には難しいーーー
でも、ま、何かが生まれ、それが育ち、また新しい多くのものを生み出す過程、
という理解をして見ていく。。
「この表情も、あなたの表現する誕生の意味なの?」
「そう。新たな創造は、痛みや迷い、希望、いろいろなものが絡み合う」
ふむふむ。
でも、生まれたものは輝いている、、、そんな意味なのかな。

登り窯の中にも展示が。
入り口には、赤いセミの抜け殻。
d0125208_926692.jpg

こちらは粘土で作られたものではなく、森で採集したものを赤くスプレーしたそう。
中には、不完全な形のカブトムシたちと、カブトムシのお腹のオブジェが
不思議な配列で並んでいました。
「生と死」
を中心に何か神話?哲学?のストーリーがありましたが、理解できず。。
d0125208_9252722.jpg

超個性的ないでたちのMaritaさん。
3ヶ月の研修を終え、来週帰国するそう。
でも、信楽大好きなので、ぜったいまた来る。
今度は家を買いたい、と^^ See you soon!
[PR]
by mikasselection | 2007-10-19 09:46 | 荒木義隆 | Comments(2)

信楽の山奥でNice to meet you!

昨日、初対面の方々とランチに出かけました。
信楽関連のブログをブラブラしていて見つけたPekoさん
前から、一度入ってみたいっ!と思っていた串かつ屋さんの方です。
d0125208_8433969.jpg

それから、Pekoさんのブログを見て発見したBobbyさん。

12時に待ち合わせて、ランチへ!

と、ところが、私は場所を間違え、そして、Bobbyは時間を間違え、
待ちぼうけだったPekoさんは、お店の手伝いをはじめ、、、、
というわけで、栄えある初対面はバタバタおたおた。
それでも、辿り着いたのは、信楽の奥、朝宮地区にある素敵な素敵な古民家レストラン。
d0125208_852283.jpg

フォルテ館というところです。
d0125208_8532972.jpg

中は民家をそのまま生かしたつくりで、テーブルは各部屋に。
柱の色が年季の入ったあめ色で良い感じでした。窓の外の景色も!

予約時間に合わせてお料理を用意しておいてくれたらしく、
すっかり冷めていたお弁当ですが、、、いろいろこだわりが詰まっているようです。
d0125208_8545947.jpg

Bobbyの今後のプランも興味深く、そして、共通の悩み、外国への宣伝活動の難しさと
Shipping Feeの見積もりの難しさなど、ひとしきりおしゃべりできました。

そして、お店のご主人と奥さんも料理を出してくれるたび、あれこれおしゃべり。

まず、ものすごく美味しかったお茶。
濃くて苦いほうじ茶だったのですが、それは朝宮のお茶だとか。
むかーし、そのお茶を天皇に届ける際、信楽の茶壷は、通気性などに優れ、
更にお茶を美味しくしたとのことで、ヤキモノの良さが広がり、定評ができたとか。
ですから、信楽のヤキモノは朝宮茶とともにある、という話を聞いたことがあります。

「朝宮茶ってほうじ茶なんですか?」
と無知な私が聞くと、奥様は、
「いや、煎じ茶ですよ。でも、それはほとんど飲めません。高いんですっ!
朝宮のお茶農家さんでも、めったにそれは飲みません。」
とのこと。
「ほうじ茶も、農家さんによって味が違うんです。これは、私が一番好きなほうじ茶です」
と。ほぉ~~~。

余談ですが、HOUSTONの日本料理店での出来事。
お茶がものすごく薄かったので、土瓶のなかを覗いてみると、お茶葉が数枚ヒラ~と。
友達と
「これは、洗い残しの茶葉なのか、それとも、お茶の葉数枚で土瓶一杯の
お湯が適当だと思ってのことなのか。」
「聞いてみよう」
ということで、聞いたことがあります。
「Americanは、苦いのが苦手だから」
といい加減な回答を頂いたのですが、お茶2ドル、バドワイザー3ドル、、、、
我等の怒りがどの程度だったか、想像できます??


さてさて、ところで、そこのご主人。
昔はフォードに勤務で米国滞在だったそうです。で、異国の地で
「日本文化は素晴らしい」
しいては、
「日本文化の中心は、日本料理にあり」
そいでもって、
「料理人になるぞ」
と、人生を料理人の道へと転換されたそう。
料理を学ぶ上で、日本文化をいろいろと勉強し、研究され、今の自分の料理は、
すべてに意味がある、と力説。
d0125208_917933.jpg

この箸入れの袋。彼の手描きだそうです。勿論、季節、時事に合わせて絵柄は変るそう。
私とBobbyが信楽焼をネットで販売している、と言ったら、
「器についても語りたいことが山ほどある。また来なさい」
ということに。
行かねば・・・・けど、、何時間必要だろう???

と、そんなこんなで、いろんな出会いがあったランチでした。
Pekoさん、ありがと。信楽をこよなく愛するPekoさん。幅広い人脈と情報を持ち、
これからの街づくりに関して、いろいろ考えているよう。素晴らしいっ
また、近々ね~
とりあえず、串かつ食べに行かなきゃ!
[PR]
by mikasselection | 2007-10-18 09:30 | 富田正・正祥窯 | Comments(2)

きのこ

週末、隣町、愛東町の道の駅にて、美味しそうなきのこたちを発見。
「スーパーの方が安いやん」
と旦那が言ったけど、、、確かにそうだけど、、でも、肉厚なかんじがよろしい!
「こっちのほうが美味しそうだよ」
と買って帰り、図書館で立ち読みした雑誌のなかの
「ドライきのこのスパゲティー」
が忘れられず、干してます。
d0125208_946284.jpg

早く干からびろ~

竹のざるの上などで干してみたら、うんと絵になるだろう、、と
以前から実は気になっていた、駅前のひなびた商店街にあるお店へ。
d0125208_9475889.jpg

いい雰囲気してません??
店内には、編み物しながらおしゃべりしているおばちゃん二人。
店先で籠を物色していると、、
差し入れに来たらしい別のおばちゃんが、
私を見つけて、びくっ!としながら、中の二人に、
「はれ、お客さんやし!」
と。
・・・びっくりしなくても・・
結果は、手ごろなものはなく、すごすご帰ってきましたが、
でも、入ってみたいお店に入ることができ、満足です^^

ところで、この「し」で終わる言葉が、ここらあたりの特徴ある言葉だと思います。
最初は、
「こないだ、そこ行ったし」
と言われると、続きの言葉を待ったものでした。話の途中みたいでしょ?!
でも、これは、「こないだ、そこ行ったんだ」ということで、話は完結してるんです。
私流に解釈すれば、ほんわか関西弁というかんじでしょうか。

昨日は、ママ友同士の
「お米、ふんだ?」
「まだやねん」
の会話に
「え??」

米をふむ、、、は、お米を精米する、という意味だそうです^^

滋賀情報でした~
[PR]
by mikasselection | 2007-10-17 09:58 | 鈴木史恵 | Comments(4)

英語であそぼう~

この頃あったちょっと楽しかったこと
一つ、「小学校にオーストラリア人一家がやって来た!」

ひと月ほど前、
なんでも、オーストラリア人ご一家6人が、小学校を訪ねてくれることになり、
4年生が授業の一環で一緒にいろいろ活動するらしい。
ついては、通訳のために同行してもらえないか、、という依頼があった。

そんな面白そうな話、勿論、即「OK!」

というわけで、10月初旬。大型なオージー一家6名とおかしなひとときを~
d0125208_16254436.jpg

まず、子ども達の歓迎のしるしは、ダンス。
体育館の前に一列に並んだオージーに向って、、、、
近所の子ども達もいて、私は、「かっわい~~!」と喜んでみていましたが、
いきなりこの光景・・・・ちょっとこわかないだろうか??いやいや、ホスピタリティですから。。
d0125208_16273597.jpg

それから、オーストラリアに関する内容で○Xクイズです。
オージーの方々でさえ答えが分かれることがあり、なかなか白熱。笑えました~
d0125208_1639263.jpg

そのあと、小グループに分かれて、ゲーム。こちらのグループは「坊主めくり」。
通訳としては、坊主の絵札を見せて、「When you get this ぼ~ず、、、」と。
d0125208_16341682.jpg

それから、それから、給食も一緒~
学校のスリッパが足の半分までしかこない大きなZacくん。かなり無理のある机と椅子ですー
が、食事もそこそこに子ども達と一生懸命コミュニケーションとってくれました。

お疲れだったであろう旅行中のオージー達でしたが、とても良い人たちでした。
みんなの質問に丁寧に答えてくれ、子ども達も、あっという間に慣れて、たのしそうっ!
このご一家、甲賀市内の留学生達のホストファミリーをしてくれている方々なんです。
こんな方々なら、安心!というかんじ。これからも、どうぞよろしくお願いします~

それから、国際交流協会主催の「ハロウィンパーティ!」
d0125208_164655100.jpg

私の教室でも宣伝したので、教室の子ども達も3人、初参加でした。
市内の学校で英語を教えている6人のEnglish speakersがゲストです。
それに、ブラジル人学校の子ども達も大勢来ていて、なかなか国際的でしたよ。
ゲームも、お化け屋敷も工夫がいっぱいで、帰り道、みんなが、
「あーーたのしかった!」
と言ってました。協会のみなさん、ありがとうございました~
[PR]
by mikasselection | 2007-10-15 16:55 | 奥田章 | Comments(0)