Hi! from Shiga

mikas.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

信楽情報~食事処

さてさて、信楽陶器まつりに向けて、信楽情報です~

私は、信楽の山を下りたところに住んでおりますので、それほど信楽ツウではないんですーー
で、作家さんたちに、
「信楽で美味しいお店は?」
と聞くと、一番に上がるのは、MIHO Museum内のレストランです。

MIHOは、現代の桃源郷とも言われるところで、かなり山奥なのですが、
I.M.ペイというルーブルを手がけたという建築家による、素晴らしい建物の美術館です。
d0125208_1537119.jpg

d0125208_15372734.jpg

d0125208_15374631.jpg

(すごい資金力を感じる美術館で、「バックは新興宗教か?」と思ったら、ビンゴでした。)
レストランは、自家栽培の野菜を使ったお料理で、すこぶる評判良しですよ。
陶器祭会場から、自転車でいけるような距離ではありませんが、バスが運行しています。

比較的新しいお蕎麦屋さん、「夢創庵」もよく名前が挙がります。
d0125208_15423930.jpg

d0125208_15452143.jpg

先日、行ってみましたが、なかなか美味しいお蕎麦でした。
307号線上の小さなお店なので、祭最中は混むかな~~
お持ち帰りもできる「蕎麦プリン」、おいしかった~

駅前には、「マツタケ料理」ののぼりが上がっていますよ。
d0125208_18483826.jpg

あと、魚仙
旅館のように広くて、器と料理の競演。こちらは、駅から少しありますが、図書館の近くです。

信楽は観光客も多いし、ゴルフにやってこられる方も多いので、
お料理屋さんのレベルは決して低くない!と思う私です~

お気に入りのお店、見つけてくださいね。
[PR]
by mikasselection | 2007-09-30 15:58 | 荒木義隆 | Comments(6)

今日の楽しかったこと!

今日は、甲賀市国際交流協会の事務局長、よしこさんに誘われて、
ランチョンへお出掛けしました~
d0125208_1444139.jpg

協会の事務所が入っているビルの一階広場でのランチだったんですが、
こんなご馳走だったの~

よしこさんは、あちこちで活躍されている元気な方です。
街の夏祭り、、、えらく元気なクノイチが司会をしている、、と思ったら、よしこさん!
よしこさんのブログを覗けば、チマチョゴリ姿だったり、役者だったり。
こないだは、新聞にもニッコリ笑顔でインタビューが載ってました。

そんなよしこさん、今日披露してくれたのは、中華料理の腕。
d0125208_1448165.jpg

ビル内の小さなキッチンで、すごい鍋さばきなんです。
聞けば、ご実家が昔中華料理店を営んでいて、お父様亡き後、しばらくは
よしこさんも厨房に入っていたとのこと。
おかげで、ふっかふかトロロンのかに玉、ジュワーといいお味の広がる肉団子などが
どんどんできあがる!すごいんだから!

食べ物も十二分に満足だった私ですが、おしゃべりも存分に楽しんできました。
協会にゆかりのある方々がいらっしゃったのですが、
d0125208_14523227.jpg

手前の貫禄あるお姿の方は、Gary Molerさん!
滋賀に引っ越してすぐ、「ツルベのなんたら」、という番組で拝見したのです。
甲賀に住む、陶芸家です。

いっぱいお話できました~
今度、陶房においで、と言ってくれたので、
「How can I reach you?」とダメ押ししたら、Mapを書いてくれました。
奥様と、馬一頭と暮らす手作りのお家兼陶房。行きますとも、行きますとも!

また、台湾人リエさんの人助け奮闘記。楽しくも感動しながら聞かせてもらいました。
台湾人の方って、口は悪いけど、ものすごく面倒見が良い、という私の印象。
リエさんも、ほんとにそんな方でした。またお会いできますように~
[PR]
by mikasselection | 2007-09-28 15:13 | 鈴木史恵 | Comments(4)

「信楽陶器まつり」へむけて!!

d0125208_23651.jpg

今日は、福田さんの陶房へ行き、陶器祭りに出品する器の値段付けなどの準備をしました。
福田さんの希望価格を聞いて、それを貼って、ビール瓶を入れるようなケースに並べていく、、
ただ、これだけなんですが、なんか、ものすごく疲れました~~

ところで、信楽の陶器祭のオフィシャルサイトは、こちらです~
わたしとしては、是非とも陶芸の森での
「セラミック・アートフェスティバル」の方へ足を運んで頂きたいです~

陶芸の森、、、
こんなことをして遊べる緑いっぱいの広場ですよ^^
d0125208_23382444.jpg

d0125208_23385137.jpg

今回も、きっと、作家さんの子ども達が放し飼い状態になっているでしょう。
前のブログにも書いたのですが、ここのカフェは、なかなか美味しいんですよ^^
陶器市の最中は混むでしょうが・・・
d0125208_23415023.jpg


さて、陶器市での楽しみは、掘り出し物探しですよね~。

作陶の過程でどーしても出てしまう、いわゆるB級のものがあるはず!
キズの具合なども納得できればよいわけで、気にならない程度のものを見つけ出しましょう~

例えば、焼締め作家の藤本さん。普段は、9千円以上のぐい呑みも、陶器市には、
4千円くらいのものから登場します。
・・・Mika's Selectionのものに法外な値段がついているわけではなく、
同じレベルのものではないのですョ。
でも、4千円のなかにも、愛おしくなるような作品は見つかります。
宝物を見つけるつもりで、じっくり作家さんと話しながら、探してみると面白いですよ~。

他の作家さんのものでも、定番が、お値打ちに出品されていたりしますが、
実は、微妙に手に感じる重さが違ったり、色の出が違ったりしています。
でも、自分の手で触れて、しっくりくれば、問題なしですよね。

或いは、「もう、廃盤にするものです」とか、「試作の段階なんです」とか、
聞いてみないと分からないような理由が隠されているかもしれないので、
セール品は、理由を聞いてみると面白いかもしれませんね。

Mika's Selectionでおなじみの竹口要さん、山本泰三さん、奥田章さん、藤本秀さん、
出店されますよ。若手作家さんは、いい意味で、世間の風をよく読む、というのか。
作品に変化があって、面白いです。
たのしみだな~~~~

お天気が良くなりますように・・・・・・!
[PR]
by mikasselection | 2007-09-27 23:56 | 荒木義隆 | Comments(2)

信楽陶器祭 準備開始

10月6日からの信楽陶器祭に向けて、せっせと情報アップしていきたいと思います。
この街のことなども入れて、、、

まずは、わたくしごとですが、
当初、Mika's Selectionで出店という風もあったのですが
いろいろな都合上、福田英明さんの「ギャラリー草土」としての出店となりました。
福田さんの陶房より、器は勿論、ディスプレイ台なども全部持ち出させていただきます^^
普段、Mika's Selectionでは販売していない木のカトラリーや箸、また、
福田さんが新潟の工房でオーダーしてオリジナルを作成したステンレスのカトラリー
新作!も持ち出す予定です。<必見!>

それから、ちょっとお願いして、信楽の陶器祭りに参加されない
岡崎勉さんの器も少し、並べさせて頂きます。
d0125208_14301923.jpg

Mika's Selectionでお客様に喜ばれている、岡崎さんの丈夫な粉引きシリーズ。
いつものお皿だけじゃなくて、ポットと片口なども仲間に入れますよ~
コロン、ポテッと愛らしい作品達ですよ。
手にとって見ていただけたらな~と思います。

只今、岡崎さんに「陶器市価格」の設定をしてもらってます。
お値打ちになるんじゃないかな~~


ところで、昨夜が中秋の名月だったのですね。
私は、この頃の満月の日を「中秋の名月」とよぶのだと思っていましたよー
お恥ずかしい。

夕方、ご近所さんがススキを摘んでいたので、
「今夜は、何をおかずに月を愛でるか」
と、何人かで立ち話。
子ども達もついでに、「お月見しよう!」と盛り上がりだし、、、
d0125208_14483939.jpg

サトイモも、お団子もなかったので、だんご風に握ったオニギリとサツマイモを
持たせました。
アパートの前に、敷物を敷いて、、ススキを立てて、、、
「お月様、きれーだね~」
だって^^
[PR]
by mikasselection | 2007-09-26 14:51 | 荒木義隆 | Comments(2)

信楽陶器祭のおしらせ~!

d0125208_15375383.jpg

素敵でしょ~。以前、友達にプレゼントした福田英明さんのパン皿。
栗きんとんを作ったの~
と、友達がお手製栗きんとんを乗っけた写真を送ってくれました。
おいしそ~~

さてさて、信楽の一大イベント、秋の陶器祭!
いよいよ近づいてきましたよ。
10月6日から8日の3日間です。

信楽の駅前には、小売店、問屋さんらが店を出し
陶芸の森の芝生広場に作家さんが集います!

そして、わたくしMikaもまたまた出現します!
春は、受付嬢(勝手にこう呼んでいます)でしたが、今度は売り子です~

お世話になっている福田さんが、忙しくて出店していられない、、という事情になってしまい、
代わりに店番です。
わ~い、おもしろそ~!
と、引き受けたのですが、今日、陶房で打ち合わせをして、ちょっと怖気づいています・・・

まぁ、でも、素敵な器をお客様の顔を見ながら販売できるって、やっぱり素晴らしい機会。
がんばりまーす!

奥田章さんのところに新作をチェックしに行くと、
こちらも同じく陶器祭の準備に忙しそう。
d0125208_15473570.jpg

小さな苔鉢です。かわいっ
昨日、山で採ってきたというコケ。
コケにもいろんな種類があるんですよ~

陶器祭、どうぞ、お楽しみに!
[PR]
by mikasselection | 2007-09-25 15:50 | 荒木義隆 | Comments(0)

バースデーと三重のキャンプ場

d0125208_781860.jpg

金曜日は、娘の大好物ばかりを並べて、お祝いしました。
朝からせっせと準備したジャガイモの冷たいスープと、ミートソース。
d0125208_71011.jpg

(器がよいので美味しく見える?!)

ケーキ作りは大の苦手です。やっぱり、スポンジは、硬くなり、飾りつけも綺麗にできない・・・
でも、バースデーはめでたい!
なんと言っても、無事に一年分大きくなってくれたのですからね。
「これで、7回目のお祝いなんだ~」
と思うと、感動です。いろんなことに感謝、感謝です。

そして、翌日、朝ごはんを食べていると、
「昨日の、パーティはすっごくたのしかった」
と、彼女が言いました。
うれし~~~~~~

で、土曜日は9月とは思えぬギラギラした太陽のもと、キャンプへ出発。
去年楽しんだ、三重の「あさけキャンプ場」
川が楽しいのです。
d0125208_7151513.jpg

娘は泳いでました。
私は、「この岩、滑りやすいから気をつけてね!」と言いながら、ドッシーンとシリモチ。
しっかり水に浸かってきました・・  つめたーい

夜はダッチでローストビーフ。
d0125208_7182451.jpg

安いオージーが、しっとりジューシーに。ダッチ、だいすき^^
2泊するつもりでしたが、キャンプ場の方が
「あの山に雲がかかると、雨が降る。今夜から雨かな~」
と。今年最後のキャンプなので、テントが濡れると、ちとめんどくさい。
そんなわけで、昨日は、夕方テントを撤収し、夕ご飯を食べてから帰りました。
案の定、暗くなってから雨が降り出しました。
今年のキャンプはこれで終了。今日は車の中の片付けです~
[PR]
by mikasselection | 2007-09-24 07:24 | 富田正・正祥窯 | Comments(4)

栗餅

d0125208_10345177.jpg

今年は9月27日が満月ですよ。
それまで、このお餅が取って置けるとは思えないので、
昨日、写真だけ撮っておきました。

京都で見つけた「栗餅」~!

三条通りを東山駅に向って歩いている途中、
わき道に、惹かれる暖簾。
d0125208_10395356.jpg

ちょいとのぞいてみると、小さな間口の向こうで、湯気が。
なんだか、栗のホクホク感を思わせるいい匂いが~
ということで購入してきた「栗餅」なんですが、これ、、、
も~~、めちゃめちゃ美味しい!!
d0125208_1042998.jpg


栗がころころお餅に入っているんですが、すごく自然な栗。
一口食べて、旦那と顔を見合わせ、
「ちょっと、これ、見事じゃない?!」
「おぉ~~~」
と、うなづき合いました。
うま~い!!
(お店の名前が書いてあった袋は、今朝、ゴミの日のゴミと一緒に出してしまい、
なんと言うお店だったか分かりません・・・・。)

それから、昨日のお昼ご飯も、おいしかったわ~ん。
お土産屋さんの間に、ほそーい階段発見。
d0125208_10455464.jpg

上がってみると、小さなカフェでした。
d0125208_10472434.jpg

五穀米オムライスのランチを頂き、オムライスは勿論のこと、
プレートに乗ってるチョコチョコしたものも、ふかふか手作りパンも
とても美味だった~

量もたっぷりあって、私は、シアワセこの上なかったです。むふ
小さなお店だったので、友達と一緒に行って居心地がよいかどうかは分かりませんが、
一人でふらりと入るには、もってこいのお店でした。

こちらは、お店情報有り!
「Cafe Cannelle」

さて、で、今日は、ハウスワイフデーです。
昨日は娘の誕生日。レッスンがある日は夕方バタバタしてしまうので、
今日、ゆっくり家族でお祝いです。
ラウンドケーキ、焼いております。なんとか、できそう???
[PR]
by mikasselection | 2007-09-21 11:05 | 荒木義隆 | Comments(4)

ぶらり京都・・・・いや、ダッシュで京都

d0125208_23395.jpg

今日は残暑の厳し~ぃ一日でしたが、朝、9時前の電車で京都へゆきました。
やっと、「フィラデルフィア美術館展」へ行くことができました。
大きな企画展って、ものすごーく混む印象が強いので、どぉーもね~と思っていたのですが、
同じ時期をHOUSTONで過ごしたYukiさんの素敵なブログを見ていて、
「やっぱり、いこっ!」と。

想像通り人は多くて、しかも、スペースが狭いので、
ぞろぞろと大群で列を成して進まねばならず、ある程度興ざめではあったものの、、、、、
展示数は多くは無かったけど、素晴らしい作品はたくさんありました。
d0125208_23131373.jpg

チラシにも大きく出ている、このルノワールの肖像画。これは、ほんとに綺麗だった~
女の子の髪がふわふわ柔らかで、青い目は澄んでいて、ほんのりピンクのホッペに唇、、
8歳の女の子がモデルのようですが、ほんとにあんなに可愛かったのかなぁ~~
うっとりする美しさでした。

楽しみにしていたサージェントの作品も、一枚だけだったけど、満足。
水面に映った月明かりと、女の人のドレスの儚げなピンク色が素敵だと思いました。

この絵の前でお茶でも飲みたいものだ、と思ったのは、ピサロの作品だったな~
色が綺麗なんだもん。

と、順序どおり一通り進んでいくと、
「再入場不可」
と書かれた出口に突入です。
混んでいるから仕方が無いとはいえ、これが、残念でした。
やっぱり、美術館って、ぶ~らぶら、と回りたい。
気に入った絵の前ではボケーっと座っていたりしたい。
とか、、、、、よい一日だった、と満足しつつも、不満が頭をよぎる・・
d0125208_23382432.jpg


そのあと、帰りの電車までの少しの時間、ぶらぶら。
あちらこちらの風景に風情があるじゃないですか~
旦那と娘が一緒だと、おしゃべりしながら騒がしく歩いていて目に入らないような
一こま一こまが目に留まり、一人観光をしみじみと楽しみました。
d0125208_23344134.jpg

d0125208_23345920.jpg


また行かなきゃっ!
あ、美味しいものもありましたよ。それは、明日にでも。
[PR]
by mikasselection | 2007-09-20 23:41 | 富田正・正祥窯 | Comments(0)

新米!

先日、Mika's Selectionに入荷した、山本泰三さんの小振りのお茶碗で、
ピカピカもちもちの新米を!
d0125208_9124198.jpg

朝は、洗い物が少なくて済むという理由で、パン食なんだけど、
このご飯、甘くて美味しいので、しばらくは朝はご飯食になりそうです。

新米30KG。
d0125208_9142766.jpg

土曜日の夜、、、、ピンポーン
「いつもお世話になってます~。ちょっといいですか~」
と、英語に通っている中2Mariちゃんのお母さん。
玄関まで下りていくと、お父さんがこれを抱えていらっしゃる。
「今日、刈り取って、今、ついてきたところなんです。よかったらもらってください」
と。
えぇー!
いきなりのお米プレゼントに驚くものの、ありがたく頂きました。

で、袋を開けてみると、小さめの粒がキラキラしているお米が。
ホカホカとあったかい状態でした。ほんとに、できたて!
しかも、滋賀の「キヌヒカリ」と言うブランドで、高価なお米なんです。
なんて、贅沢な頂きものなんでしょう。。。。

以来、稲刈りの姿をみるたび、
頂いたお米は、どのくらいの稲穂から採れたんだろう、、、
大切に育てられたお米なんだろうな、、、と、とても感慨深い気分です。

手塩に掛けて育てられたお米を、これまた大切に作られた器で頂く、、、、
私の究極に平凡な朝ごはんも、随分とシアワセな気持ちでいただけます。
朝から、とびきり幸福です~~~~
[PR]
by mikasselection | 2007-09-19 09:32 | 荒木義隆 | Comments(0)

滋賀でお出かけ、ガリバー青少年旅行村

青空が広がっていた昨日の朝
「さ~、今日はどこへ行く?」
ってウキウキしているパパママに向って、娘は
「Mちゃんと遊んでいい?」
「・・・え、お出掛けするより、お隣さんと遊びたい?」
「うん!」
・・・ガーン。

でも、結局、お昼近くにしか遊べないとのことで、娘は私達と一緒に出かけてくれることになりました。
わ~い

ということで、私は30分でお弁当を作り、パパはネットで行き先の情報と地図をゲット。
思っていた以上にアクセスが悪そうではあるものの、楽しそうな場所
高島市の「ガリバー青少年旅行村」へ出発です。
比良山地の麓にある、キャンプ場でもあり、日帰りも楽しめるという場所です。

途中、湖西道路の気持ちよいこと!
左手に険しい山が連なり、その裾野には黄金色の棚田。
右手には、キラキラまぶしいびわ湖。
「びわ湖、きれ~!」
と叫ばずにはいられない景色でしたよ。

さて、2時間ほどかけて目的地に到着。--ちょっと遠かったっ!
d0125208_6163322.jpg

でも、緑いっぱいの場所に、遊び甲斐のあるアスレチックがいっぱい!
d0125208_6182486.jpg

綺麗な川もあり、水着の子ども達が沢蟹や蛙と遊んでいました。

日差しの強い日でしたが、木陰はとっても気持ちよかったです。山の景色は少し秋っぽく。
d0125208_6195281.jpg


広場もたくさんあり、思いっきりフリスビーやリレーごっこも楽しめました。
3人、汗だく。
そして、疲れが出ると、転びやすくなるもんですねぇ。
娘も私もつまづいたり、転んだりし始めたので、「そろそろ、引き上げるべし」と帰路へ。

ドライブして間もなく、運転中のやけに無口な旦那を見ると、
蒼白!
めっちゃ気分悪そうです。

最後に楽しんだリレーごっこで、彼は本気になりすぎて、吐き気をもよおしている様子。
あんな場面でそこまで本気になれるとはっ。ぷっ

そんなわけで、帰りは私が運転して帰ってきました。
たのしかった!滋賀は遊び場いっぱいです。
娘よ、遊んでくれてありがと~
[PR]
by mikasselection | 2007-09-18 06:31 | 富田正・正祥窯 | Comments(2)