Hi! from Shiga

mikas.exblog.jp
ブログトップ

くるみの木のカトラリーボックス

d0125208_1149313.jpg

こちらが、“くるみ橋”の横にある「くるみ木工所」で生まれたカトラリーボックス。
d0125208_11504645.jpg

d0125208_11511128.jpg

お箸など、中に入れたものが取り出しやすいよう、垂直な箱型ではなく、斜めになってます。
手触りがすごくよくて、そして、どこもかしこも、きっちりしてて、なんとも気持ちが良いのです。
d0125208_11523842.jpg


どんな風に作られるのか、想像できそうでできない!
そんなわけで、小倉広太郎さんに製作工程を見せて頂きました。
ジャン!
d0125208_11542932.jpg

d0125208_11553920.jpg

d0125208_11561521.jpg

パーツ一つ一つ、裏も表もカンナで磨かれているので、すべすべツルツルでツヤッツヤッ。
キレイだし、まっすぐなラインのカッコイイこと。
そして、この美しいパーツが、これまた、寸部の狂いもなく、ピタッ、ピタッと組み合わさっていく!

ボンドで接着したら、木で作った楔を入れます。
d0125208_1221857.jpg

のこぎりの刃を利用して小さな切れ目を入れ、そこに楔を入れる。。。実物見ないと想像できないかも~!これ、感動の技でした^^

蓋の模様は、、、
d0125208_11592915.jpg

ノミを使って一本一本、同じ深さでまっすぐに削っていきます。
これは、集中力を要するので、一日4~6枚程度しかやらないようにしているそうです。力加減にも相当気を使いそうな作業です。

作業はどの工程も本当に丁寧に少しずつやっていかないと、素敵な作品にはならないなーと感じ、とても大変そうなんですが、、
でも
楽しそう♪
そんな気がしませんか?^^
図工のセンパイっていうか、大人が真剣に取り組む図工。。なんか、やっぱり、楽しそうです。
しかも、
d0125208_1210398.jpg

カンナって、手作りなんです!
作るための道具も手作りで、自分に合ったものを用意する。うん、究極☆

祖父が粗大ゴミを拾ってきてはせっせと自分仕様に作り直したり、不思議なモノを日曜大工仕事で作る人で、その姿を「たのしそーだな、じいさん!」と思って見ていたこともあり、なんだか、ワンダーランドだった「くるみ木工所」◎

ただ、木の不思議というか、木の難しさも教えてもらいました。
d0125208_12151730.jpg

材木、、って感じの木も、一皮スッと剥いてみると、すごくきれいなんだそうです。そして、木の種類によって、香りも手触りも扱い方も変わってくるとか。
呼吸もしてるし、暴れたりもするので、用途によって扱う部位を選ぶとか、一工程ごとに乾かす時間をしっかりとらないといけないとか、デリケートなのです。
・・・そして何より驚いたのは、価格。原料の値段としては、破格の金額です。木って高い!

と、そんなわけで、この作品に出会えたことに改めて感謝しました。
よかったら、ショップの方でもご覧くださいね。カトラリーボックス

d0125208_12245652.jpg

[PR]
by mikasselection | 2012-12-18 12:26 | 木の器・カトラリー | Comments(1)
Commented at 2012-12-18 16:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。